最新記事

領有権争い

「中国版南シナ海」が描かれた米中合作アニメ、ベトナム、フィリピンに続きマレーシアも上映禁止に

Malaysia Calls For Cuts to Children's Movie 'Abominable' Over Map

2019年10月21日(月)15時30分
ジェニーン・マリー・ルソー

ベトナムでは『エベレスト』のタイトルで公開中だった『アボミナブル』の看板を下ろす(10月14日、ハノイ) Thinh Nguyen- REUTERS

<米中合作アニメ映画に中国の領有権主張に基づいた南シナ海の地図が登場。ベトナム、フィリピンに続き、同海域で領有権を争うマレーシアでも作品の上映中止が決まった>

米中合作アニメ映画『アボミナブル』が東南アジアで物議を醸している。11月7日にこの作品の公開が予定されていたマレーシアでは、映画検閲当局がある場面の削除を求めた。

作品は、少女とヒマラヤの伝説の雪男「イエティ」との交流を描いた子供向けアニメだが、劇中に南シナ海に中国が主張する国境線を描き入れた地図が映る場面があり、国際的に問題になっている。


この海域については、マレーシア、中国に加えて、ベトナム、フィリピン、ブルネイが長年にわたって領有を主張している。

しかし、中国は1947年に自国の主権が及ぶ範囲として、南シナ海のほぼ全域をUの字を描くように囲む独自の国境線「九段線」を書き入れた地図を作った。領有権争いの当事国も国際社会も、この境界線を認めていない。

制作側は削除を拒否

「『アボミナブル』をマレーシアで上映する条件は、物議を醸す地図が登場する場面を削除することだった」と、マレーシア映画検閲委員会のモハマド・ザンベリー・アブドゥル・アジズ議長はロイターに語っている。

この作品を制作したドリームワークスは問題の場面を削除することを拒んだため、マレーシア当局は公開中止を決定した。

これは、10月13日に上映中止にしたベトナムに続く措置だ。

「この作品の上映許可を取り消す」と、ベトナムの文化・スポーツ・観光省のタ・クアン・ドン次官は地元誌に語った。

『アボミナブル』は、ドリームワークス・アニメーションと中国のパールスタジオ(旧社名オリエンタル・ドリームワークス)の共同制作によるもの。CNNが指摘するように、主にアジア系の俳優を声優に起用したこの作品は、上海に住む少女イーの物語。イーが眺める地図に、九段線が描かれている。

「私たちは特定の文化を描きつつ、地球全体に関わる物語を語ることができるはずだと考えている」と、パールスタジオの製作者ペイリン・チョウは、9月にロサンゼルス・タイムズに語った。「『アボミナブル』はその完璧な例だ」

<参考記事>戦前日本の検閲から続く「のり弁」文書の歴史
<参考記事>監視国家ベトナム、ネット検閲5倍へ 環境問題の活動家まで実刑

ニュース速報

ビジネス

中国の国債利回りが半年ぶり高水準、人民銀の政策姿勢

ワールド

香港、コロナ感染拡大で厳格な行動制限再導入

ワールド

タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ワールド

中国、米の台湾への武器売却巡りロッキードに制裁へ

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月