最新記事

北朝鮮情勢

「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

2019年10月21日(月)16時45分
アンキット・パンダ

KCNA-REUTERS

<いつもの滑稽なプロパガンダと笑い飛ばすわけにはいかない>

雪景色の聖地、白頭山で白馬にまたがる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。北朝鮮の国営朝鮮中央通信が10月16日に公開した写真(左)を、いつもの滑稽なプロパガンダと笑い飛ばして終わりにするわけにはいかない。

この1年、2月にハノイで開かれた第2回米朝首脳会談が途中で頓挫した後は特に、北朝鮮の国営メディアは金の神格化に余念がない。現体制における最高指導者としての地位は揺るぎなく、国内向けのプロパガンダでは、彼の上に父・金正日(キム・ジョンイル)を、さらにその上に建国の父である祖父・金日成(キム・イルソン)を位置付けている。

馬や冬季の外套は、金日成の王道のスタイルだ。金正恩は父親以上に、自分と祖父を結び付けようと苦心してきた。

ただし、北朝鮮のプロパガンダには、装飾的な外面に潜む目的がある。今回の写真も、数カ月のうちに国内の戦略に変化があるという予告として受け止められている。

今年1月1日の新年の辞で金は、アメリカが制裁や圧力を続けるなら、「新しい道」を模索すると警告した。米朝外交が行き詰まり、金は新しい道へと国を率いるつもりなのか。白馬の写真の説明文には、「逆風」「苦難の戦い」といった言葉も並ぶ。制裁解除の可能性が遠のいた今、経済的にさらに厳しい苦難が待ち受けていると示唆するのか。

一方で、朝鮮中央通信によれば、同行した高官たちは金が「またしても世界を驚かせる」と確信したという。ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験や核実験の予告という見方もあるが、むしろ衛星の打ち上げかもしれない。2016年2月に地球観測衛星・光明星4号を打ち上げて以来、宇宙開発は北朝鮮の自立的な科学技術力を誇示する重要な機会とされている。

しばらくの間、金は夜な夜な星を見上げるかもしれない。

©2019 From thediplomat.com

<本誌2019年10月29日号掲載>

【参考記事】台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点
【参考記事】「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

20191029issue_cover200.jpg
※10月23日発売号は「躍進のラグビー」特集。世界が称賛した日本の大躍進が証明する、遅れてきた人気スポーツの歴史的転換点。グローバル化を迎えたラグビーの未来と課題、そして日本の快進撃の陰の立役者は――。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月