最新記事

韓国事情

韓国で広がるユーチューブ「一人放送」、不買推進派も反対派も意見主張

2019年10月18日(金)16時00分
佐々木和義

韓国で、10人に4人が「一人放送」を実施中か計画中...... Kim Hong-Ji-REUTERS

<韓国でユーチューブ「一人放送」が拡大している。10人に4人が「一人放送」を行っているか計画中という......>

韓国で「一人放送」の人気が高まっている。個人で動画の撮影と編集を行い、ユーチューブで発信する手引き書がベストセラーとなり、関連機材の売上も大幅に伸びている。

オンラインショッピングモールGマーケットのアンケート調査で、10人に4人が現在一人放送を行っているか計画中と回答する一方、ユーチューバーへの課税が新たな課題として浮上してきた。

「一人放送」関連書籍はベストセラー

インターネット通販大手のインターパークが2019年1月から9月に販売した書籍を分析したところ、「一人放送」関連書籍が、前年同期と比べて82%増加していた。18年度のコンピュータ関連書籍のベストセラーはビジネスマン向けエクセル本だったが、今年は人気ユーチューバーが著した手引き書が1位となり、ベストセラー上位10冊のうち4冊を「一人放送」関連書籍が占めていた。購入層は30代が61%、20代が31%、10代が3%などとなっている。

韓国メディア・デザイン専門就職ポータルのMJフレックスが行ったアンケートで、10人に7人が退勤後の7時からユーチューブを視聴し、8割が一度見はじめると30分以上視聴と回答するなど、ユーチューブ視聴者が増加するなか、自ら発信する人の増加も著しい。カメラや音響、照明、撮影時にブレを軽減するジンバルなど動画用機器の製造販売を行うメーカーや販売会社が「一人放送」機材の開発と拡販に力を入れ、Gマーケットが集計した関連商材売上は、前年同期比11倍以上だ。

消費者も企業も意識が変わった

ユーチューブ人気が高まっている背景のひとつに消費者意識の変化がある。メーカーなど販売者が発信する情報は虚偽や誇張があると考え、第三者の情報を求める消費者が少なくないのだ。企業側は人気が高いパワーブロガーに対価を払って商品紹介を依頼してきたが、動画の方がより深く浸透する。ユーチューバーが商品紹介を発信し、登録者が増えると広告主からの依頼に繋がるのである。

そして、企業もユーチューブを活用する。韓国の小売店は認知度が高い"売れ筋"商品を販売する。販売者がコンビニエンスストア本部に数千万ウォンを払い込んで納入契約を締結したとしても、実際の販売商品は加盟店が決定するため、認知度の低い商品が店頭に並ぶことはない。そこで企業はユーチューブで発信し、通販サイトに誘導する手段を選ぶ。

政府の各部処もユーチューブ・チャンネルの運営を開始

政府や自治体もユーチューブに注目している。ソウル市は海外のインフルエンサー5人にグローバル広報大使を委嘱した。タイ、中国、米国、デンマーク、ベトナムのインフルエンサーで、5人のユーチューブ・チャンネルの登録者は合わせて1000万人を超えている。広報大使は観光スポット等を紹介する動画に出演し、それそれのユーチューブ・チャンネル等で公開する計画で、市は2億回以上の再生を期待している。

日本の省庁に相当する政府の各部処もユーチューブ・チャンネルの運営を開始した。文在寅大統領がユーチューブの重要性が高まっていると話したことを受けて取り組みをはじめたが、18部処のチャンネル登録者数は平均1万8000人で成人男女の0.04%にとどまっている。

雇用労働部・長官の動向


雇用労働部や環境部が発信した長官の動向を伝える動画はレスポンスがなく、教育部長官の動向を伝える動画のレスも教育部を批判する内容だった。各機関が民間ユーチューバーと合作し、人気を呼んだ動画もあるが、独自で企画した動画は人気がなく、効果がないと指摘する声が上がっている。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月