最新記事

米犯罪

性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家族の板挟みに悩んで

Texas Girl, 15, Dies after Being Rescued from Sex Trafficking Ring

2019年10月18日(金)16時00分
イワン・パーマー

救出後のレッティーは「すっかり壊れてしまっていた」と祖母は語る FACEBOOK/CYNTHIA RIVERA

<13歳でさらわれた娘が戻ってきたとき、家族との間には大きな溝が。少女は脱走を繰り返した上、自殺してしまった。犯人の男は今も野放しだ>

米テキサス州で自殺した15歳の少女の遺族が、正義を求めて声を上げている。少女は2年前に性目的の人身売買組織に誘拐され、薬物を盛られ、虐待を受けた。

レッティー・セラーノは10月12日に同州ヒューストンの自宅で自殺した。家族によればレッティーは、13歳だった2017年に中学校の近くで男に誘拐された。救出されたときには、以前とはまったくの別人になってしまっていたという。「帰ってきたレッティーは壊れてしまっていた」と、祖母のシンシア・リベラさんは地元テレビ局のKTRKに語った。

<参考記事>性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

父親のマリアーノ・セラーノはテレビ番組「Fox26」とのインタビューで、娘は自分を誘拐して性的に虐待した男の元に戻りたがっていたと語った。「娘はあの男と一緒にいたいと思う一方で、家族を傷つけたくないとも思い、苦しんでいた」

家族によれば、レッティーはこれまでに2度、自宅から逃げ出して男の元に戻ろうとした。人身売買組織にはこの男の他にあと3人、レッティーの虐待に関与した男がいると、家族はみている。

レッティーを誘拐した男は身柄を拘束されたものの、わずか数日後に釈放されたという。家族はこの男が正当な裁きを受けるよう求めている。

都市全体が赤線地帯に

「あの男に裁判を受けさせたい」とマリアーノはFox26に語った。「娘が死んだのはお前のせいだ、と言いたい」

ヒューストン警察特別捜査部隊のジム・デール指揮官は、今後、捜査再開を検討すると表明した。レッティーの死は、学校や地域社会に人身売買の危険性を認識させることがいかに重要かを示しているとも語った。

「被害者である彼女の声が、どういう訳か見過ごされてしまった。だからこそ、学校も巻き込んでこの問題に対応していくことが重要だと思っている」と彼は語った。

性目的での人身売買の被害者の社会復帰を支援している非営利組織エライジャ・ライジングのマイカ・ガンボア事務局長は、人身売買は今や大きな問題となっており、「都市全体が赤線地帯(風俗街)と化しつつある」と指摘する。

「人身売買はもはや一部の地域だけが直面している問題ではなく、全国に広まりつつある」が、多くの場合、加害者に十分な罰が科されずに終わると彼女は言う。

<参考記事>未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

祖母のリベラは現在、フェイスブックを通じてレッティーの葬儀のための資金を募っている。

「レッティーの死が無駄にならないように、皆さんに支援をお願いしたい」と彼女は資金集めのページに書き込んだ。「私たちコミュニティーと社会制度は、この少女と家族を支えることができなかった。それを二度と繰り返してはならない」

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月