最新記事

米犯罪

性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家族の板挟みに悩んで

Texas Girl, 15, Dies after Being Rescued from Sex Trafficking Ring

2019年10月18日(金)16時00分
イワン・パーマー

救出後のレッティーは「すっかり壊れてしまっていた」と祖母は語る FACEBOOK/CYNTHIA RIVERA

<13歳でさらわれた娘が戻ってきたとき、家族との間には大きな溝が。少女は脱走を繰り返した上、自殺してしまった。犯人の男は今も野放しだ>

米テキサス州で自殺した15歳の少女の遺族が、正義を求めて声を上げている。少女は2年前に性目的の人身売買組織に誘拐され、薬物を盛られ、虐待を受けた。

レッティー・セラーノは10月12日に同州ヒューストンの自宅で自殺した。家族によればレッティーは、13歳だった2017年に中学校の近くで男に誘拐された。救出されたときには、以前とはまったくの別人になってしまっていたという。「帰ってきたレッティーは壊れてしまっていた」と、祖母のシンシア・リベラさんは地元テレビ局のKTRKに語った。

<参考記事>性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

父親のマリアーノ・セラーノはテレビ番組「Fox26」とのインタビューで、娘は自分を誘拐して性的に虐待した男の元に戻りたがっていたと語った。「娘はあの男と一緒にいたいと思う一方で、家族を傷つけたくないとも思い、苦しんでいた」

家族によれば、レッティーはこれまでに2度、自宅から逃げ出して男の元に戻ろうとした。人身売買組織にはこの男の他にあと3人、レッティーの虐待に関与した男がいると、家族はみている。

レッティーを誘拐した男は身柄を拘束されたものの、わずか数日後に釈放されたという。家族はこの男が正当な裁きを受けるよう求めている。

都市全体が赤線地帯に

「あの男に裁判を受けさせたい」とマリアーノはFox26に語った。「娘が死んだのはお前のせいだ、と言いたい」

ヒューストン警察特別捜査部隊のジム・デール指揮官は、今後、捜査再開を検討すると表明した。レッティーの死は、学校や地域社会に人身売買の危険性を認識させることがいかに重要かを示しているとも語った。

「被害者である彼女の声が、どういう訳か見過ごされてしまった。だからこそ、学校も巻き込んでこの問題に対応していくことが重要だと思っている」と彼は語った。

性目的での人身売買の被害者の社会復帰を支援している非営利組織エライジャ・ライジングのマイカ・ガンボア事務局長は、人身売買は今や大きな問題となっており、「都市全体が赤線地帯(風俗街)と化しつつある」と指摘する。

「人身売買はもはや一部の地域だけが直面している問題ではなく、全国に広まりつつある」が、多くの場合、加害者に十分な罰が科されずに終わると彼女は言う。

<参考記事>未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

祖母のリベラは現在、フェイスブックを通じてレッティーの葬儀のための資金を募っている。

「レッティーの死が無駄にならないように、皆さんに支援をお願いしたい」と彼女は資金集めのページに書き込んだ。「私たちコミュニティーと社会制度は、この少女と家族を支えることができなかった。それを二度と繰り返してはならない」

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


ニュース速報

ワールド

世界のエネ投資、今年2割減 コロナで過去最大の落ち

ビジネス

広州汽車集団、今年の販売目標を3%増で据え置き

ワールド

EU、感染症に備える保険制度導入を=リスク管理団体

ビジネス

航空各社、需要回復にらみ機内消毒など強化 乗客の不

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月