最新記事

米犯罪

性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家族の板挟みに悩んで

Texas Girl, 15, Dies after Being Rescued from Sex Trafficking Ring

2019年10月18日(金)16時00分
イワン・パーマー

救出後のレッティーは「すっかり壊れてしまっていた」と祖母は語る FACEBOOK/CYNTHIA RIVERA

<13歳でさらわれた娘が戻ってきたとき、家族との間には大きな溝が。少女は脱走を繰り返した上、自殺してしまった。犯人の男は今も野放しだ>

米テキサス州で自殺した15歳の少女の遺族が、正義を求めて声を上げている。少女は2年前に性目的の人身売買組織に誘拐され、薬物を盛られ、虐待を受けた。

レッティー・セラーノは10月12日に同州ヒューストンの自宅で自殺した。家族によればレッティーは、13歳だった2017年に中学校の近くで男に誘拐された。救出されたときには、以前とはまったくの別人になってしまっていたという。「帰ってきたレッティーは壊れてしまっていた」と、祖母のシンシア・リベラさんは地元テレビ局のKTRKに語った。

<参考記事>性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

父親のマリアーノ・セラーノはテレビ番組「Fox26」とのインタビューで、娘は自分を誘拐して性的に虐待した男の元に戻りたがっていたと語った。「娘はあの男と一緒にいたいと思う一方で、家族を傷つけたくないとも思い、苦しんでいた」

家族によれば、レッティーはこれまでに2度、自宅から逃げ出して男の元に戻ろうとした。人身売買組織にはこの男の他にあと3人、レッティーの虐待に関与した男がいると、家族はみている。

レッティーを誘拐した男は身柄を拘束されたものの、わずか数日後に釈放されたという。家族はこの男が正当な裁きを受けるよう求めている。

都市全体が赤線地帯に

「あの男に裁判を受けさせたい」とマリアーノはFox26に語った。「娘が死んだのはお前のせいだ、と言いたい」

ヒューストン警察特別捜査部隊のジム・デール指揮官は、今後、捜査再開を検討すると表明した。レッティーの死は、学校や地域社会に人身売買の危険性を認識させることがいかに重要かを示しているとも語った。

「被害者である彼女の声が、どういう訳か見過ごされてしまった。だからこそ、学校も巻き込んでこの問題に対応していくことが重要だと思っている」と彼は語った。

性目的での人身売買の被害者の社会復帰を支援している非営利組織エライジャ・ライジングのマイカ・ガンボア事務局長は、人身売買は今や大きな問題となっており、「都市全体が赤線地帯(風俗街)と化しつつある」と指摘する。

「人身売買はもはや一部の地域だけが直面している問題ではなく、全国に広まりつつある」が、多くの場合、加害者に十分な罰が科されずに終わると彼女は言う。

<参考記事>未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

祖母のリベラは現在、フェイスブックを通じてレッティーの葬儀のための資金を募っている。

「レッティーの死が無駄にならないように、皆さんに支援をお願いしたい」と彼女は資金集めのページに書き込んだ。「私たちコミュニティーと社会制度は、この少女と家族を支えることができなかった。それを二度と繰り返してはならない」

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


20210119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

1月19日号(1月13日発売)は「トランプは終わらない」特集。世界が驚き、あきれた連邦議会占拠事件。「異形の大統領」はこのまま影響力を失うのか。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月