最新記事

中東

トランプ「無策」外交でさらに遠のく中東からの米軍撤退

Trump and “Endless Wars”

2019年10月17日(木)18時00分
ジョシュア・キーティング

対ISIS戦ではクルド人勢力と米軍が協力したが(写真は対ISIS戦で死亡した戦友を悼む兵士) ERIK DE CASTRO-REUTERS

<米政権がクルド人勢力を見捨てれば中東地域でISISの再興を招く恐れが>

トルコ軍がシリア北東部に攻め込んでクルド人武装勢力への攻撃を始めると、ドナルド・トランプ米大統領は直ちに、アメリカはこの攻撃を「支持しない」との声明を出した。しかし、この声明には続きがあった。

「政治の世界に足を踏み入れて以来、この手の終わりがなくて意味のない戦争に関わるのはごめんだと私は言ってきた。......トルコは約束している。市民を守り、キリスト教徒を含む宗教的少数派を守り、人道上の危機が起きないようにすると。この約束は今後も守らせる」

いかがだろう。トランプがトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領を「そそのかして」今回の攻撃に踏み切らせたとは言うまい。だが事実上の「お墨付き」を与えたと言えるのではないか。中東での戦争は金がかかるし複雑怪奇だから手を引く、シリアからも米軍を撤退させるとトランプは言う。しかし現実には、彼の言動によって米軍はますます中東の泥沼に深くはまる公算が高い。

米兵を中東の戦場から引き揚げさせたい。その思いは反トランプ陣営にも共通している。だが実際に米軍がシリアから撤収している証拠はない。トランプ政権の高官でさえ、大統領の発言は「米軍のシリアからの全面撤退を意味しない。50~100人程度の特殊部隊がシリア領内の別な場所へ移動しただけだ」と語っている。

そうであれば、トランプは米兵を祖国へ帰そうとしているのではなく、トルコ軍の邪魔にならない場所へ移動させ、テロ組織ISIS(自称イスラム国)の掃討戦でアメリカと共闘したクルド人を、トルコ軍が掃討するのを助けているだけだ。

オバマの過ちを繰り返す

先月にも妙なことがあった。アフガニスタンの和平交渉を進めるためと称し、トランプは反政府勢力タリバンの代表をアメリカに招くと表明していたのだが、直前になって一方的に交渉決裂を宣言した。もともと妥結の可能性は低かったとしても、アメリカ主導の和平会談を取り消したのはトランプの気まぐれ以外の何物でもない。

どうやらトランプは、軍事力以外で中東情勢に影響を及ぼす方策を知らないようだ。根気強い外交努力には興味がない。だから結果として、ロシアやイラン、そしてトルコに外交面の主導権を握られてしまった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退 Xで表明

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中