最新記事

中東

イスラエル総選挙後に待つネタニヤフの過酷な運命

2019年9月25日(水)16時50分
ジョシュア・キーティング

ネタニヤフ外しが現実となれば、汚職疑惑の追及は強まるだろう AMIR COHEN-REUTERS

<2度目も与野党とも過半数に届かないなかで「ネタニヤフ抜き大連立」構想が動きだす>

イスラエル建国以来、歴代最長の在任記録を更新中のネタニヤフ首相。つい最近まで不敗神話に彩られていたこの男が、今は決死の綱渡りを強いられている。9月17日に行われたやり直し総選挙で、政治生命も身の安全も、そして中東のみならず世界情勢の雲行きも怪しくなってきたからだ。

なぜか。4月の総選挙段階でも彼の権力乱用・汚職疑惑に対する検察の捜査は大詰めを迎えていたが、それでも与党リクードはベニー・ガンツ元参謀総長率いる中道政党連合「青と白」と同数の議席を獲得し、どうにか従来の右派連立政権を樹立できそうに見えた。

ところが、かつてネタニヤフの秘蔵っ子だった極右のアビグドル・リーベルマンが反旗を翻した。超正統派ユダヤ教徒だけに許される徴兵免除の特権を法律で制限しない限り自分の政党「わが家イスラエル」は連立に参加しないと言い出したのだ。この問題はネタニヤフにとってのアキレス腱。連立工作は失敗し、やり直し総選挙となった。

しかし今回も「青と白」の獲得議席は33で、リクードは31と伯仲した。連立の行方は読めない。議会の過半数は61議席だが、「わが家」を除く右派・宗教勢力は合計で55議席。対する中道・左派勢力は44議席だが、アラブ系統一会派「ジョイントリスト」はガンツによる組閣に賛同する意向を示している。前代未聞のことだが、ネタニヤフの続投を阻止するためだ。ただし、それでも議席数は57にとどまる。

つまり、どう転んでも連立工作は難航する。そしてカギを握るのはリーベルマンだ。

計算上、最も可能性が高いシナリオはリクードと「青と白」の大連立で、これはリーベルマンも支持している。過去にはリクードが左派の労働党と連立を組んだこともあるので、あり得ない話ではない。しかしガンツはネタニヤフの降板を大連立の条件としている。

トランプも見限ったか

ネタニヤフはこれまで何度も苦境を乗り切ってきたが、今回ばかりは容易に抜け出せそうにない。イスラエル検察は10月に事情聴取を予定しており、既に収賄罪での起訴を視野に入れているようだ。

入札で大物実業家などに便宜を図る見返りに本人と親族が高額な贈り物を受け取った疑惑、メディア報道に影響力を行使した疑いなど、検察は長年の捜査で立件の自信を深めている。

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者120

ワールド

豪、香港への渡航・滞在に注意喚起 拘束リスク警告

ワールド

豪先住民や人権団体、リオ・ティントの洞窟遺跡破壊を

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は9人に増加

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月