最新記事

ブラジル

フェイクニュース? アマゾン火災をブラジルが放置する理由

Clearing the Smoke

2019年9月2日(月)17時55分
イザベラ・ディアス

ブラジル北部のアマゾナス州ウマイタなどでは今年だけで7万件以上の森林火災が起きている UESLEI MARCELINO-REUTERS

<ブラジルメディアは煮え切らず、政治的二極化も招いているが、「地球の肺」とも言われる熱帯雨林の大火災はボルソナロ政権が引き起こした人災だ>

ブラジル最大の都市サンパウロ。その青い空が突然分厚いスモッグに覆われ、街が暗闇に包まれたのは8月19日の昼下がりのこと。やがて大粒の雨が降り始め、街中に焦げ臭い水たまりができた。

まるで映画のような不気味な出来事に、市民は恐れおののいた(実際、アメコミ『バットマン』の舞台となるゴッサム・シティになぞらえる地元メディアもあった)。大雨は寒冷前線の通過が原因という点で、専門家の見解はおおむね一致していたが、黒い雲の正体については意見が割れた。北部のアマゾン川流域で発生している森林火災が影響しているのか、それとも隣国のボリビアやパラグアイから流れてきたのか――。

そんな地元メディアの困惑をよそに、ツイッターをはじめとするソーシャルメディアには、「#アマゾンを救え」といったハッシュタグがあふれた。ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオや歌手のマドンナらセレブが、アマゾンの森林火災に世界の注目を喚起した。

たちまち外国メディアもアマゾンの森林火災を大きく報じ始めた。今年1月に就任したブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、農業や鉱山業のために森林伐採を容認してきたことが、今回の「大惨事」の一因だとする報道も少なくなかった。

だが、ブラジルの主要テレビ局とボルソナロのツイッターからは、さほどの危機感は感じられなかった。20日にサンパウロに次ぐ第2の都市リオデジャネイロで武装した男がバスを乗っ取り、乗客37人を人質に取る事件が起きると、地元メディアはそのニュース一色に染まった。

その一方で、ソーシャルメディアには、アマゾンの火災について沈黙する報道機関の姿勢を批判する声も現れた。「アマゾンの死がテレビ中継されることはないだろう」と皮肉る書き込みも見られた。

NASAの写真の衝撃

実のところ、大西洋に面した南部の街サンパウロの空が黒く染まる何週間も前から、ブラジル北部のアマゾン流域では森林火災が頻発していた。ロンドニア州では今年1月から8月までに、森林火災が190%も増加。ブラジル国立宇宙研究所(INPE)によると、ブラジル全体では今年に入り7万2000件以上の火災が起きた。これは昨年の同時期よりも84%も多い。

ニュース速報

ワールド

豪メルボルン郊外で新たなコロナ感染、周辺地区に警戒

ワールド

トランプ米大統領、コロナ対策協議巡り民主党を非難

ワールド

同性カップルに法的保護を、ローマ教皇が明確な擁護発

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落スタート、米国株下落と円高

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月