最新記事

中国

中国建国70周年「人民民主独裁」はいつまで続くのか

China Celebrates an Anniversary of a “People’s Democratic Dictatorship”

2019年9月30日(月)17時10分
デービッド・ボアズ(ケイトー研究所上級副社長)

建国記念日の前日、反体制デモに参加する香港の生徒たち(9月30日、チャーターガーデン) Susana Vera- REUTERS

<中国政府は結局、重要なこの日(10月1日)までに香港デモを黙らせることができなかった。これは、共産党支配の終わりのサインが>

1949年10月1日に設立された中華人民共和国は明日、建国70周年を迎える。香港で続く反体制デモをこの日までに沈黙させるという思惑は果たせなかったが、それでも大々的な記念式典は予定通り行われる。中国政府が香港と中国の民主化を許さないのも、単に気難しいのではなく、共産党独裁国家の創立のミッションに含まれているのだ。

共産党軍が勝利に近づいた1949年7月1日の毛沢東(マオ・ツォートン)の演説を例にとろう。この演説は「人民民主独裁について」と題されていた。その内容は、生命と自由、幸福の追求の代わりに「階級、国家権力および政党が消滅」した「社会主義と共産主義社会」を目指し、 民間企業の国有化と農業の社会化を通じたロシアのような「偉大で素晴らしい社会主義国家」、「民衆の民主的独裁」による「強力な国家機構」を希求する演説だった。

文化大革命 BBC NEWS


不幸かつ信じられないことに、このビジョンは多くの中国人だけでなく、アメリカ人やヨーロッパ人の心にも訴えた。そのなかには著名人もいた。だが毛沢東のビジョンは最初からひどく間違っていた。中国で実践された共産主義は絶望的な貧困を生み出した。1950年代に農業と工業の大増産をめざした「大躍進」政策は大規模な飢餓を引き起こした。

1966年から毛沢東が主導した政治運動「文化大革命」は発作的な「革命の狂気」を解き放ち、「数千万人の罪のない人々が迫害され、職を失い、精神を病み、拷問され、しばしば殺された」

<参考記事>建国70周年に影を落とす中国共産党の憂鬱

共産主義の実践は災害と死を招く

毛沢東独裁の時代に謎の死を遂げた人の数は1500万から8000万人と推定される。途方もない数で、想像が追いつかない。それなのに多くの欧米の左翼が毛沢東に心酔したのは、彼が共産主義のビジョンを本気で信じているように見えたからだ。だが共産主義を現実に実践する試みは、災害と死につながる。

幸いなことに毛沢東は1976年に死亡し、中国は急速に変化した。中央から遠く離れた地域では、村や共同体によって、市場や土地の個人所有の復活が始まった。文革時代に2度、失脚の憂き目を見た鄧小平(トン・シアオピン)は、30年にわたる苦難から何かを学んでいた。

鄧は「中国の特性を備えた社会主義」政策を開始した。脱集団農場化と農業における「生産責任制」、企業の民営化、国際貿易、居住要件の自由化を特徴とするこの政策は、市場の自由化に近いものだった。

<参考記事>中国人留学生は国外でも共産党の監視体制に怯えている

過去数十年の中国の変化は、世界でも有数の壮大な歴史ドラマだ。10億人以上の人々が全体主義から資本主義に近い経済システムに移行した。引き続き共産党独裁を維持している政治体制は新たな経済システムによって少しずつ崩れ始めている。

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月