最新記事

核開発

イラン、遠心分離機開発を発表 核合意の履行停止第3弾

2019年9月5日(木)09時11分

イランのロウハニ大統領は4日、核合意で定められた義務の停止に向けた「第3弾」の措置を発表し、ウラン濃縮活動の加速に必要な遠心分離機の開発を6日から開始すると発表した。タジキスタンのドゥシャンベで6月撮影(2019年 ロイター/Mukhtar Kholdorbekov)

イランは4日、2015年の核合意で定められた義務の履行を停止する「第3弾」の措置として、ウラン濃縮活動の加速に必要な遠心分離機の開発を開始すると発表した。一方で、核合意存続に向けた欧州の対応期限を2カ月延長することも明らかにした。

米国はイラン制裁緩和の可能性を否定し、イラン産原油の密輸阻止を狙った新たな制裁を発表。フランスがイランに提案した150億ドルの信用供与枠の設定に冷ややかな反応を示したが、排除はしなかった。

こうした動きは、イランや米欧がそれぞれの立場を堅持しながらも外交余地を残していることを示唆している。

トランプ米大統領は4日、ニューヨークで今月行われる国連総会でイランのロウハニ大統領と会談する可能性に含みを残した。ただ、制裁を緩和する考えはないと明言した。

ロウハニ大統領はテレビ演説で、核合意の履行停止第3弾として、遠心分離機の開発を6日から開始すると発表した。「6日からさまざまな種類や新型の遠心分離機、さらにウラン濃縮活動の加速に必要なあらゆる研究・開発に乗り出す」とし、「6日をもってイランの研究・開発に対する制限はすべて解除される」と言明した。

米国の核合意離脱後、イランは2回にわたり義務履行を停止する措置を実施し、9月5日までに欧州が合意存続に向けた対応をとらなければ履行停止をさらに進める考えを示していた。

しかし、イラン国営テレビによると、ロウハニ大統領は「今日明日中に欧州と合意する可能性は低い。欧州は約束を果たすための時間をあと2カ月得る」と述べた。

同氏は履行停止第3弾について、「国連の監視の下で平和的に行い、欧州が約束を果たせば元に戻すことができる」とも述べた。

仏外交筋はイランの措置に遺憾を示し、「有益ではない」とした上で、引き続き解決策を模索する考えを示した。

こうした中、米政府は4日、イランのイスラム革命防衛隊の関与が疑われる石油輸送網に属する企業や船舶、個人を制裁対象に指定したと発表した。シリアに数億ドル相当の石油を供給し、米制裁に違反したという。

米国務省のイラン担当特別代表ブライアン・フック氏は記者団に対し「制裁は今後も拡大する。適用除外は一切検討していない」と述べ、最大限の圧力をかける取り組みに注力していることを強調した。

米政府はまた、イラン革命防衛隊が米制裁を回避するため「詐欺的手法」を用いているとして注意喚起し、制裁対象者と取引をする者にも制裁を科す可能性があると警告した。

さらに、革命防衛隊の資金取引などの阻止につながる情報を提供すれば最大1500万ドルの報酬を出すと発表した。

一方、スウェーデンによると、イランは7月にホルムズ海峡で拿捕(だほ)した英タンカーの乗組員23人のうち7人を解放した。タンカーはスウェーデン企業が所有している。

*内容を追加しました。

[ドバイ/ワシントン 4日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20190910issue_cover200.jpg
※9月10日号(9月3日発売)は、「プーチン2020」特集。領土問題で日本をあしらうプーチン。来年に迫った米大統領選にも「アジトプロップ」作戦を仕掛けようとしている。「プーチン永久政権」の次なる標的と世界戦略は? プーチンvs.アメリカの最前線を追う。



ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 10

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 9

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月