最新記事

アマゾン火災

宇宙飛行士が捉えた、数千キロにおよぶ煙連なるアマゾンの姿

2019年8月29日(木)18時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

熱帯雨林を飲み込む炎(8月17日) Ueslei Marcelino TPX IMAGES OF THE DAY-REUTERS

<アマゾン森林火災の煙は、宇宙ステーションからでもはっきりと......>

8月頭に始まったとされるアマゾンの火災は、発火から4周目に突入したいまなお被害を拡大し続けている。過去最悪のペースで消失が進む熱帯雨林の様子を、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のイタリア人宇宙飛行士ルカ・パルミターノ氏が26日、自身のツイッターで公開した。

(「人間のせいで発生したアマゾン森林火災。何十もの煙が数千キロメートルにもおよんでいる」)

熱帯雨林1万平方キロメートルが消える

ガーディアン紙によると、この火災の影響で、アマゾンの熱帯雨林は10年ぶりに1万平方キロメートルが消失するという。

火災は昨年同期比84パーセントも増加している。この原因の一端を担うのが、ブラジル大統領ジャイル・ボルソナロの森林伐採の奨励だとされているが、本人は当初「農民が野焼きする季節」と言い、火災を季節の自然熱によるものとしていた。

先日、ジャーナリストから環境保護や国内の経済問題について聞かれ「一日おきにうんちするだけで十分だ」と答えるなど、その危機感のなさにかねてから批判が集まっていたが、23日にやっと軍を投入して消火活動にあたることを決めた。

【参考記事】環境問題と貧困は「1日おきのうんち」で解決する ブラジルの暴言大統領

ニュース速報

ワールド

米民主党、上院3議員が就任 副大統領とあわせ実質支

ビジネス

米P&G、通年売上高見通しを再び上方修正 コロナで

ワールド

バイデン氏が大統領令に署名、パリ協定復帰など前政権

ワールド

バイデン米大統領が就任、「無意味な戦い終結」と団結

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 4

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 5

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    ドイツで新たな変異種発見か 規制厳格化で隔離義務…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月