最新記事

欧州

イタリア、コンテ首相辞表提出で再び政治危機 連立と選挙の想定シナリオは

2019年8月23日(金)08時28分

イタリアのコンテ首相は、サルビーニ副首相兼内相が国益よりも自身が率いる極右政党「同盟」の党利党略を優先していると批判し辞表を提出した。写真はローマで政治危機を伝える新聞を読む女性(2019年 ロイター/Yara Nardi)

イタリアのコンテ首相は、サルビーニ副首相兼内相が国益よりも自身が率いる極右政党「同盟」の党利党略を優先していると批判し、20日に辞表を提出した。

これによって生まれた政治危機をいかに収拾するかは、マッタレッラ大統領の手に委ねられる。以下は現在の状況と今後想定されるいくつかのシナリオだ。

◎政権は崩壊したか

完全に崩壊したわけではない。マッタレッラ氏はコンテ氏に対して、事態が決着するまで暫定的に政権を運営するよう命じた。この間、コンテ氏は、イタリアが選出する新しい欧州委員を指名するかもしれない。

サルビーニ氏は20日、同盟の閣僚を引き揚げていないと述べ、減税を盛り込んだ来年の予算を成立させるために政権を維持する構えだと付け加えた。ただ憲法の専門家によると、予算承認は暫定政権の権限外なので、サルビーニ氏の思惑が現実化する公算は乏しい。

コンテ氏がサルビーニ氏を議会で批判したことから、現在の連立政権は恐らく瓦解したのだろう。しかし理論上は、マッタレッラ氏がコンテ氏を再び議会に送り、同盟との関係修復を図ろうとする可能性は残っている。

◎イタリアは早期選挙に向かうか

議会解散権を持つマッタレッラ氏は、新たな連立政権の樹立が不可能だと考えた場合のみ、約3年半前倒しする形で総選挙を公示するだろう。もちろん決定前には、上下両院の議長や主要政党の首脳と協議するとみられる。昨年実施された総選挙後には、連立政権の発足まで延々と協議が続けられた。マッタレッラ氏は、今回はそうした話し合いが長引くのを認めないとの姿勢を明確にしている。

◎次の連立政権はどのような形になるか

最も現実味がありそうなのは、現在同盟と連立を組む新興政治勢力の「五つ星運動」が、中道左派の野党である民主党(PD)を相手に選ぶことだ。両党は既に暫定的な協議を開始、PDはジンガレッティ党首に新政権樹立に取り組む権限を付与すると予想される。

五つ星運動とPDが連立に合意しても、上院では合計しても半数を1議席しか上回れず、中小勢力や終身議員の支援が必要になる。小規模な左派政党の自由と平等(LEU)は、既に協力の意向を示している。

もっとも、両党が手を結ぶための道のりは険しいだろう。これまでずっといがみ合ってきたし、政策面でも多くの違いがあるからだ。さらにジンガレッティ氏の党内における指導力は、なお多くの議員を影響下に置くレンツィ元首相にとって弱められており、こうした状況が5つ星運動との協議をより難しくする恐れがある。

五つ星運動とPDの交渉が不調に終わった場合、マッタレッラ氏は実務者内閣を議会の幅広い勢力が支えることを求め、来年予算を成立させた上で、来年春に選挙を実施しようとしてもおかしくない。

関連ワード

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月