最新記事

米司法

未成年の売春斡旋容疑の米富豪、拘置所内で自殺 司法長官は施設の「重大な不備」批判

2019年8月13日(火)17時55分

8月12日 バー米司法長官は、未成年女性の売春をあっせんした罪などで起訴された富豪ジェフリー・エプスタイン被告が拘置所で自殺した問題について、被告が拘置されていた連邦刑務局が運営する施設で「重大な不備」があったと批判した。ニューヨークで10日撮影(2019年 ロイター/Jeenah Moon)

バー米司法長官は12日、未成年女性の売春をあっせんした罪などで起訴された富豪ジェフリー・エプスタイン被告が拘置所で自殺した問題について、被告が拘置されていた連邦刑務局が運営する施設で「重大な不備」があったと批判した。

エプスタイン被告は10日、ニューヨーク・マンハッタンの施設内で遺体で発見された。首をつって自殺を図ったとみられている。被告は先月に自殺を試みたことから、自殺の監視リストに載せられていたが、その後監視対象から外れていた。死亡を巡り、米連邦捜査局(FBI)や司法省の監察長官が調査に乗り出した。

バー長官は、エプスタイン被告が自殺した施設が「同被告を十分に警備しなかったことに私も司法省全体もがく然とし、怒りを感じている」と語った。その上で「同施設で重大な不備があったことが明らかとなった。非常に懸念され、徹底的な調査が必要だ」と述べた。「不備」の詳細については明確にしなかった。

長官は、エプスタイン被告の死によって、被害者は法廷で被告と闘う機会を奪われたと指摘。被告と共犯の疑いがある人物に対する捜査は継続すると述べた。「いかなる共犯者にも安眠はない」と言明した。

被告は7月6日に逮捕され、14歳の少女を含む未成年女性の売春をあっせんしたとして起訴された。被告は無罪を主張していたが、先月にニューヨーク南地区の地裁が保釈請求を却下。報道によると、その数日後に監房で意識のない状態で見つかり、当局は自殺と暴行の両面で捜査していた。

こうした経緯にもかかわらず、エプスタイン被告が自殺の監視リストから外された理由は不明だ。被告は遺体で発見された際、1人で監房にいた。同被告の拘置施設である「メトロポリタン矯正センター」は司法省の管轄下にある。

同施設では2人の看守が別々に30分おきに見回りをすることが義務付けられているが、関係者によると、被告が死亡した夜は行われなかった。自殺の監視対象となっている場合はこれとは別に15分おきの見回りもすることになっている。

ニューヨーク市監察医は11日、検死は終了したものの、死因はまだ断定されていないとした。

米ABCニュースは12日、エプスタイン被告の邸宅がある米領バージン諸島のリトル・セント・ジェームズ島でFBIや米税関・国境取締局(CBP)の姿を確認したと報じた。FBI報道官は「FBI捜査官が米領バージン諸島で任務に当たっている」と述べたが、それ以上のコメントは控えた。

エプスタイン被告の自殺は長期化している民事裁判にも影響する。同被告は2008年に10代の女性に対する性犯罪について有罪を認め、フロリダ州の検察との司法取引を経て実刑判決を受けた。それ以前はトランプ大統領やクリントン元大統領などの著名人と交友関係があった。

[ニューヨーク 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月