最新記事

ファクトチェック文在寅

韓国「反日大統領」文在寅、成功体験を重ねた自信家の経歴

2019年7月23日(火)16時45分
ニューズウィーク日本版編集部

2回目の挑戦で大統領に就任した文在寅(2017年5月) KIM KYUNG HOON-REUTERS

<歴史や貿易問題で日本との対決をいとわず、自国経済と国民を窮地に追い込む文在寅。その経歴を紐解けば、文の思想の根源に何があるかが見えてくる>

民主化の実現、兵役時代の表彰、司法試験合格、大統領当選......と、苦労をしながらも成功を重ねてきた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は自信家だ、という見方がある。

手始めに、『運命 文在寅自伝』(邦訳・岩波書店)を元に文の経歴を簡単に振り返ってみると、以下のようになる。

【1953年1月】
・朝鮮戦争の最中、両親が北朝鮮領内から避難した韓国の巨済島で生まれる

【1975年4月】
・慶熙大学在学中に学生運動を主導し拘束、除籍に(後に復学)

【1975年8月】
・兵役で入隊し特戦司令部に配属される

【1980年】
・「反独裁民主化闘争」に参加し2度目の拘束
・司法試験合格、慶熙大学法学部卒業

【1981年】
・結婚

【1982年8月】
・後の大統領、盧武鉉と法律事務所を設立。労働者弁護士として活動する

【1988年】
・ハンギョレ新聞創刊準備委員会委員

【2002年10月】
・盧武鉉大統領候補の釜山選挙対策本部長に

【2007年】
・廬武鉉政権で大統領秘書室長、第2回南北首脳会談推進委員会委員長を歴任

【2012年】
・国会議員選出(民主党)、議員1年目にして同年の大統領選挙に出馬するも朴槿恵候補に敗れる

【2015年】
・「共に民主党」代表に就任

【2017年5月】
・朴槿恵の罷免を受けて実施された大統領選挙に出馬し勝利、19代大統領に選出される

20190730issue_cover200.jpg歴史や貿易問題で日本との対決をいとわず、自国経済と国民を窮地に追い込む文の「論理」はどういうものなのか。ニューズウィーク日本版は本日(7月23日)発売の7月30日号で「ファクトチェック文在寅」特集を組み、検証した。

上記の経歴をざっと見るだけでは読み取れないが、特集に寄稿した東京新聞論説委員の五味洋治は、5つのファクトから文の思想の根源に何があるかを解き明かす。

その5つとは――

FACT 1:意外な「日本好き」
FACT 2:「時代の犠牲者」
FACT 3:「民主化実現」への自負
FACT 4:「統一への憧憬」
FACT 5:「積弊清算」に執着

だ。五味はこう書く。

「文には自分が正義を貫き、韓国の民主化を実現したという自負があるに違いない......ただ、正義や被害者であるという『道徳的優位性』にこだわり過ぎれば、外交の選択肢を狭める。戦後最悪とも称される日韓関係の悪化を招いた出発点は、際限ない「積弊清算」にあることを自覚すべきときだ」

ニュース速報

ワールド

ブラジルのボルソナロ大統領、新型コロナに感染

ワールド

米、コロナワクチン開発でノババックスに16億ドル提

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月