最新記事

中朝会談

うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

Sidelined by China

2019年6月24日(月)15時15分
テジョン・カン

習近平が国賓として北朝鮮を訪れ、友好ムードに包まれた中朝 KCNA-REUTERS

<金正恩は習近平にトランプへの伝言を託し、安倍にも相手にされない文在寅は出番を失う>

国賓として北朝鮮を訪れた中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の盛大な「おもてなし」を受けた。中国の国家主席の訪朝は14年ぶり。2日間の日程で両国の強固な絆をアピールすると、習は6月21日、専用機で北朝鮮の首都・平壌を後にした。

習の初訪朝は、アメリカと中国の貿易戦争がエスカレートし、米中の緊張が高まるなかで行われた。そのため中朝それぞれの会談に向けた思惑やその成果、両国の今後の動きに国際社会の関心が集まっている。

そうしたなか、習の訪朝にうろたえているように見えるプレーヤーがいる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領だ。

北朝鮮の非核化交渉で中国が果たす役割が拡大し、韓国が米朝の「仲介」役を果たす余地が減るのではないか──韓国国内ではそんな懸念が高まっている。

mag190624kreachina-2.jpg

韓国の文大統領は置き去りにされている ALAIN JOCARD-POOL-REUTERS

韓国のメディアは習の訪朝を前に、文は中朝会談を注意深く見守るつもりで、朝鮮半島の非核化に向けた交渉の手詰まりを打開するためさまざまなアイデアを練っていると報じていた。

習の訪朝で、朝鮮半島の核問題解決のための枠組みが変わったとの見方もある。言い換えれば、この問題に関わるプレーヤーの数がアメリカ、北朝鮮、韓国の3者から、中国を含めた4者になった、ということだ。

韓国の丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一相もそうした見方をしている。6月20日に韓国の国会議員らが主催する討論会で、これからは中国を考慮に入れる必要があると述べた。韓国は非核化交渉の新たな枠組みに備え、戦略の練り直しを迫られている、というのだ。

しかし、韓国政府の見方はそれとは少し異なるようだ。青瓦台(大統領府)は同日、頓挫した米朝交渉の再開は当事者である両国が解決すべき事柄だという見解を発表した。

青瓦台の高旼廷(コ・ミンチョン)報道官は、習の訪朝で非核化プロセスにおける韓国の役割が減るのではないかという記者の質問に回答。韓国はメディアが述べているような仲介役にはとどまらず、朝鮮半島の非核化と平和を実現する最速の方法を探る立場にあると力説した。

G20でも蚊帳の外に?

高はまた、米韓首脳会談も近々行われる予定なので、それも含めた全体的な状況で判断するよう報道陣に求めた。

ドナルド・トランプ米大統領は大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の前に韓国に立ち寄り、文と会談することになっている。文はその前にもう一度金委員長と会っておきたいと考えていたが、韓国の会談呼び掛けに対し、北朝鮮側は何の反応もしていない。

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月