最新記事

北朝鮮

北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になってしまう理由

2019年6月14日(金)11時00分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※NKNewsより転載

自由韓国党のナ・ギョンウォン院内代表(写真は2013年の平昌五輪組織委員を務めた際のもの) Kim Hong-Ji-REUTERS

韓国の第1野党、自由韓国党。親米反北朝鮮を掲げる保守政党で、朴槿恵、李明博元大統領の政権与党(セヌリ党、ハンナラ党)だった。

現在はもちろん、左派の文在寅政権と鋭く対立しており、同政権が進める北朝鮮との対話にも批判的だ。

参考記事:【写真】元人気女子アナが韓国政府を猛批判「北が敵じゃないって...」

そんな自由韓国党に対して、北朝鮮の国営メディアは厳しい批判を続けている。

参考記事:【写真】文在寅批判の「美人過ぎる」野党議員...過去には「親日派」報道も

例えば、朝鮮労働党機関紙・労働新聞は今月6日、「天下逆賊の群れ『チャハンダン』に対する南朝鮮(韓国)民心の呪詛と憤怒」という記事を掲載、自由韓国党を「反民族的で反人民的な本性とファッショ気質、歴史と民族の前で犯した洗い流せない罪悪で、南朝鮮人民の呪詛、憤怒、排撃の対象」となっているとし、韓国各地で自由韓国党に対する反対運動が起きていると伝えている。

否定的なニュアンスを持つ略称「チャハンダン」(自韓党)を使っての連日の自由韓国党批判記事だが、北朝鮮の若者の間では当局の意図とは異なる形で受け止められていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

新義州(シニジュ)の情報筋によると、労働新聞が自由韓国党を批判する記事を連日掲載しているせいで、若者の間では同党に対する関心が高まっている。

「労働新聞の記事によると、自由韓国党の歴史は、自由党まで遡り、民主共和党、民主正義党、ハンナラ党、セヌリ党など服を着替え続けてきた政党で、反民族的、反人民的な保守逆賊一味と非難を強めている」(情報筋)

李承晩(イ・スンマン)、朴正煕(パク・チョンヒ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)など韓国の過去の独裁政権や軍事政権にルーツを持つ自由韓国党だが、「若者が興味を持ってくれている」のは同党関係者にとって喜ばしいニュースかもしれない。

韓国の世論調査機関、リアルメーターが行った6月第1週の世論調査で自由韓国党の支持率は29.4%だった。しかし、年齢層別に見ると、支持率が与党の共に民主党を上回っているのは、60歳以上(43.1%)だけで、最もリベラルと言われる40代では19.5%で、与党支持率(51.1%)と約2.6倍、30代でも20.8%対47.8%で2倍以上差が開いており、若い層から人気がないのだ。

「労働新聞はまた、南朝鮮で自由韓国党を解体せよという闘争が光州やソウルから済州島にいたるまで拡大していると力説している」(情報筋)

そんな記事を呼んだ意識の高い北朝鮮の若者たちは、韓国に与党に負けず劣らぬ力を持った野党が存在し、野党の政治家が与党に対して事細かくいちゃもんをつけていることを不思議に思っているというのだ。

北朝鮮の事実上の唯一の政党である朝鮮労働党は、単なる政党ではなく、絶大な権力を持った統治機構そのものであり、一切の批判は許されない。一方で同じ「党」を名乗る自由韓国党は、文在寅政権と与党を激しく攻撃している。それに反発したリベラルや左派層は、自由韓国党が軍事政権の残滓で、積弊(長年積もり積もった弊害)そのものだとして批判している。

「南朝鮮の普通の人たちが政治権力機関である党組織の解体を要求し、自由に闘争を繰り広げていることも、わが国(北朝鮮)の社会とあまりにもかけ離れているという点で若者たちは一種の羨ましさを感じている」(情報筋)

つまり、労働新聞が自由韓国党を批判する記事を出せば出すほど、北朝鮮の若者らは韓国国内の政治状況を詳しく知るようになり、当局の意図とは逆に「韓国が羨ましい」と思ってしまうということだ。

もっとも、北朝鮮国民のすべてが韓国の政治状況に関心を持っているわけではない。平安南道(ピョンアンナムド)の別の情報筋は、「食べるのに精一杯な一般住民は労働新聞を読むことすらかなわないので、外の世界の報道に興味すら持っていない」と指摘する一方で、「党の細胞書記などの幹部、知識人、若者たちは労働新聞の6面に掲載された国際ニュースを注意深く読むなど、国内外の政治情勢に関心を持っている」と説明した。

「ソウルの光化門広場でろうそく革命が起きて、大統領が弾劾されたという記事が労働新聞に載ったときも、それを読んだ知識人、若者たちは衝撃を受けた。われわれにも言論の自由、集会の自由、自由な発言の自由が与えられれば、平凡な人民もより暮らしよい世の中にできるのかもしれないことに気付いたから」(情報筋)

ソウルの光化門広場に集まった百万人を超える市民の声が朴槿恵前大統領を退陣に追い込んだことも、憲法裁判所が朴前大統領の大統領の弾劾を認めたことも、北朝鮮では驚きを持って受け止められた。

ただ、上述の通り北朝鮮の一般庶民は韓国の政治状況にさほど関心を持たない。自由韓国党を批判することで、一部の人が韓国の自由な体制のことを知っても、体制維持には特に問題にならないと当局は踏んでいるのだろう。

※当記事は「NKNews」からの転載記事です。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

dailynklogo150.jpg



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月