最新記事

台湾

反エリートの星「台湾のドゥテルテ」が政界を席巻する

Taiwan Confounded by Populist Mayor

2019年6月14日(金)15時30分
ニック・アスピンウォール

一大ブームを巻き起こしている韓(中央)は台湾独自のポピュリスト政治家 Tyrrone Siu-REUTERS

<事実上の立候補表明をした国民党の韓国瑜は「台湾のドゥテルテ」――アンチ台北の意識が有権者のハートをつかむ>

地方都市の首長が口当たりのいい公約をばらまいて人気を集め、民主的な選挙を制して一国の指導者となる。3年前のフィリピンで起きたことだが、半年後には台湾で同じことが起きるかもしれない。

台湾の最大野党・国民党の韓国瑜(ハン・クオユィ)は南部の最大都市・高雄の市長。去る6月1日に台北で開いた集会で、来年1月の総統選への出馬を事実上宣言した。

韓は昨年12月に、高雄市長に選出されたばかりだ。典型的なポピュリスト政治家で、宣伝上手。メディアへの露出は、良くも悪くも圧倒的に多い。

市長としての実績はないに等しい。政策論争は苦手だ。一方で不倫疑惑など、私生活をめぐるスキャンダルが相次ぎ、それを報じたメディアを法廷に訴えたりもしている。

この調子なら、いずれ自分で墓穴を掘るに決まっているとみる向きもある。早くも一部のメディアは、この数週間で韓の勢いが衰えてきたと報じている。しかし1日の集会を見る限り、それは希望的観測にすぎない。

この「韓旋風」がどこまで続くかは予測し難い。アメリカでもブラジルでも、イタリアでもフィリピンでも、ソーシャルメディアを巧みに操る新世代ポピュリスト政治家の躍進と成功を的確に予想できた専門家はほとんどいない。

ポピュリスト政治家の常として、韓は自分に任せれば何でも解決してみせると豪語し、支持者にそう信じ込ませる。低迷する台湾経済も「歩く景気刺激策」の自分なら立て直せると、およそ具体的な政策を示さずに触れ回っている。

一方で恐怖も振りまく。大陸との関係強化には前向きで、この点は台湾の自由と民主主義を守りたい与党・民主進歩党(民進党)の支持者を震え上がらせる。また徹底したリアリストだが演説下手の現職・蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と違って、韓は聴衆をおだてるのも脅すのもお手のものだ。

そうした演説で韓は、何でも反対のネガティブな主張はやめて、相手を受け入れて繁栄を手に入れようと説く。ただし同性愛者の受け入れには慎重なようだ。1日の集会にも同性婚の合法化に反対する活動家の集団が参加し、盛大な拍手で迎えられていた(韓自身は同性婚への賛否を明確にしていない)。

失脚させる材料がない

韓の支持層は移民にも強く反発する。台湾では昔から、東南アジアから来た人々に対する差別意識が強い。今の台湾には東南アジア出身の移民労働者が70万人ほどいるが、彼らも日常的な差別に直面している。3月には韓自身もフィリピン人労働者を蔑視するような発言をし、火消しに追われる事態となった。

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月