最新記事

台湾

反エリートの星「台湾のドゥテルテ」が政界を席巻する

Taiwan Confounded by Populist Mayor

2019年6月14日(金)15時30分
ニック・アスピンウォール

台湾の総統になりたいと思ってはいない、しかし国民党が台湾のために自分を必要とし、総統候補に指名するなら喜んで出馬する。今のところ、韓はそう主張している。

これはフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテが選挙戦で見せたのと同じ手口だ。ドゥテルテも自分が立候補するのは「国を守るため」であり、個人的な野心は全くないと言い続けて大統領の座を手に入れた。

ショッキングな言動で人々の注目を集めることにたけた新世代のポピュリスト政治家は、どこの国でもその人気の秘密を探ろうとする市民やジャーナリストを困惑させてきた。台湾でも同じで、韓の支持者をずっと取材してきた記者たちでさえ、その旋風の原因を真に理解しているとは言えない。

理解不能なのだから、この先も彼に好きなようにほえさせておこう、そして彼が自滅するのを待てばいい。そう考える人もいる。今は感情的に韓を支持している有権者も、いずれ熱が冷めて理性を取り戻せば離れていくと信じる人たちだ。

人気の本質を探るべき

確かに、台湾の有権者はしたたかなリアリストだ。昨年11月の国民投票では、20年の東京オリンピックに「チャイニーズタイペイ」ではなく「台湾」として参加しようという提案を否決している。しかしそうした現実主義が、韓の人気に水を差す気配はない。この男が自滅するという考え方は希望的観測にすぎない。

韓を中国政府による怪しげなプロパガンダの手先に仕立てようとする人もいる。実際、高雄の市長選に際して、中国側がインターネットで韓人気をあおった証拠はいくつかある。それでも、彼が選挙に勝つために意図して中国と共謀したことを示す証拠や、中国による情報操作が韓の人気上昇の主な要因であると示唆する証拠はない。

台湾の主要メディアが首都・台北を拠点とし、もっぱら台北市民に取材している点にも問題がありそうだ。

台湾のメディアは色分けが鮮明で、緑(民進党支持)と青(国民党支持)にはっきり分かれている。一方で首都に集まる外国メディアの報道は、親米派の民進党と蔡の人気を過大評価しがちだが、実のところ蔡の支持率は低迷している。

韓が総統候補になる可能性をめぐってはこれまで、民主主義や米台関係に危険が及びかねないとする多くの報道がなされてきた。だが実際に彼に対する支持のルーツを探り、なぜこれほど多くの台湾住民が(国民党の掲げる)中国との関係改善路線を評価するのかという「気まずい問題」に触れる報道は、それに比べてずっと少ない。

韓がせっせと通う地方部の都市を取材すれば、もっと有意義な報道ができるはずだ。台北以外の有権者は長年にわたり、全てが台北中心で動いている状況に不満を感じてきた。

ニュース速報

ワールド

出入国時の顔認証義務付け、トランプ米政権が導入見送

ワールド

米大統領選、民主党ウォーレン氏の支持低下 8月以来

ビジネス

イタリア、独自の欧州銀行同盟案を提示へ=経済・財務

ビジネス

OPEC、日量50万バレル減産拡大で合意 拡大会合

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 5

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 6

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 7

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人間はネコの表情を読み取れるか? あなたも試せる..…

  • 10

    中学以降も電卓を使わせない日本の遅れた数学教育

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 5

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月