最新記事

台湾

反エリートの星「台湾のドゥテルテ」が政界を席巻する

Taiwan Confounded by Populist Mayor

2019年6月14日(金)15時30分
ニック・アスピンウォール

台湾の総統になりたいと思ってはいない、しかし国民党が台湾のために自分を必要とし、総統候補に指名するなら喜んで出馬する。今のところ、韓はそう主張している。

これはフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテが選挙戦で見せたのと同じ手口だ。ドゥテルテも自分が立候補するのは「国を守るため」であり、個人的な野心は全くないと言い続けて大統領の座を手に入れた。

ショッキングな言動で人々の注目を集めることにたけた新世代のポピュリスト政治家は、どこの国でもその人気の秘密を探ろうとする市民やジャーナリストを困惑させてきた。台湾でも同じで、韓の支持者をずっと取材してきた記者たちでさえ、その旋風の原因を真に理解しているとは言えない。

理解不能なのだから、この先も彼に好きなようにほえさせておこう、そして彼が自滅するのを待てばいい。そう考える人もいる。今は感情的に韓を支持している有権者も、いずれ熱が冷めて理性を取り戻せば離れていくと信じる人たちだ。

人気の本質を探るべき

確かに、台湾の有権者はしたたかなリアリストだ。昨年11月の国民投票では、20年の東京オリンピックに「チャイニーズタイペイ」ではなく「台湾」として参加しようという提案を否決している。しかしそうした現実主義が、韓の人気に水を差す気配はない。この男が自滅するという考え方は希望的観測にすぎない。

韓を中国政府による怪しげなプロパガンダの手先に仕立てようとする人もいる。実際、高雄の市長選に際して、中国側がインターネットで韓人気をあおった証拠はいくつかある。それでも、彼が選挙に勝つために意図して中国と共謀したことを示す証拠や、中国による情報操作が韓の人気上昇の主な要因であると示唆する証拠はない。

台湾の主要メディアが首都・台北を拠点とし、もっぱら台北市民に取材している点にも問題がありそうだ。

台湾のメディアは色分けが鮮明で、緑(民進党支持)と青(国民党支持)にはっきり分かれている。一方で首都に集まる外国メディアの報道は、親米派の民進党と蔡の人気を過大評価しがちだが、実のところ蔡の支持率は低迷している。

韓が総統候補になる可能性をめぐってはこれまで、民主主義や米台関係に危険が及びかねないとする多くの報道がなされてきた。だが実際に彼に対する支持のルーツを探り、なぜこれほど多くの台湾住民が(国民党の掲げる)中国との関係改善路線を評価するのかという「気まずい問題」に触れる報道は、それに比べてずっと少ない。

韓がせっせと通う地方部の都市を取材すれば、もっと有意義な報道ができるはずだ。台北以外の有権者は長年にわたり、全てが台北中心で動いている状況に不満を感じてきた。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月