最新記事

フィンテック

キャッシュレス化が進むインドネシア 配車サービスGOJEKが社会を変える

2019年6月24日(月)19時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

GOJEKではバイクの「GOライド」、乗用車の「GOカー」による送迎に加えて、提携レストランやファストフード店で食べ物を購入して配達してもらう「GOフード」、部屋や家を掃除してもらう「GOクリーン」、書類や荷物を配達してくれる「GOセンド」、マッサージが受けられる「GOマッサージ」と、提供するサービス分野は実に多岐にわたっている。

食料品や商品の購入配達、清掃やマッサージなどのサービス提供などはすべて自宅や職場でスマホを操作するだけで完結する。商品やサービスの代金や配達料も発注時に表示される、という便利さは、インドネシア人の生活様式に変化をもたらしているとさえ指摘されている。

進むワルンのオンライン、IT化

newsweek_20190624_184502.JPG

「ワルン・ピンタール」の前で客待ちしているGOJEKのライダーたち(撮影=筆者)

インドネシアの伝統的な小売り形態に「ワルン」と呼ばれる雑貨店がある。小さいもので奥行き1〜2メートル、間口2.5メートルから3.5メートルほどの売店に洗剤やティッシュなどの日用雑貨からインスタント食品や飲料水、菓子やパン、煙草などがところ狭しと並んでいる。ガスコンロを備えて簡単な調理で焼きめしや焼きそば、揚げ物などの食事ができるところも多く、市民の食堂、休息所、情報交換や世間話などの憩いの場ともなっている。

最近、ジャカルタ市内に黄色い鮮やかな看板のワルンが続々と登場している。「ワルン・ピンタール(賢いワルン)」という名前の「スマート・ワルン」で、特徴はワルン・ピンタール社が提供する無料Wi-Fiが使用可能で、スマホの充電もでき、さらに支払いは現金以外にスマホの電子マネーでも可能なところだ。スマホでの決済アプリとしては、リッポーグループが運営する「OVO」、大手キャリアのテレコムセルによる「T-cash」、そしてGOJEK社の「GO-pay」の3社が幅広いサービスを提供しており、利用者が圧倒的に多い。

こうした設備・環境から、配車を求める顧客からの情報をコーヒーカップやスナックを片手に「ワルン・ピンタール」でスマホを操作しながら待つGOJEKなどのライダーの姿が増えている。

「ワルン・ピンタール」のもう一つの特徴は、専用アプリを使ってワルンで販売する商品の仕入れも可能になっている点だ。これまで市場などに赴いて仕入れていた商品が専用アプリでオンライン注文すれば配達料無料で翌日には「ワルン・ピンタール」に届くのだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月