最新記事

トルコ

リラ安止まらず2年で約半値 トルコに打開の一手はあるか?

2019年5月23日(木)17時50分

IMF

トルコは国際通貨基金(IMF)に支援を求めることができるが、エルドアン大統領はIMFとの取り決めに応じるのを強く拒否している。

過去50年間を見れば、トルコはさまざまな規模で20回近く、IMFから金融支援を受け、それと引き換えに引き締め政策を義務付けられてきた。直近では08年にIMFのプログラムを終了し、苦い記憶として残る。

それでもIMFほど強力で、信頼できるチェック機能を有し、外国投資家に関与しても大丈夫だと安心感を与えてくれる存在はほとんど見当たらない。

ムーディーズのソブリン・リスク・マネジングディレクター、イブ・レメイ氏は、エルドアン氏がIMFを避けようとすれば、経済立て直しは簡単にはいかないし、立て直せないと警告する。

ウニクレディトは今年後半にIMFとの合意がまとまると予想し、ブルーベイ・アセット・マネジメントのマーク・ダウディング最高投資責任者も、IMFが救済に乗り出す確率は高まってきているとの見方を示した。

友好国からの援助

ペルシャ湾岸諸国のうちトルコと最も緊密なのはカタールだ。昨年夏のトルコ通貨危機後に、カタールはリラ支援のための30億ドルの通貨スワップを含めた総額150億ドルの経済支援をすると表明してくれた。

ところが複数の関係者の話では、実際にはトルコとカタールの協議は進展しておらず、トルコが最近になって再び資金面の問題が出てきてから、カタールは支援を一切公式に発表していない。

他の湾岸諸国からの援助はおぼつかない。17年にサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)がカタールへの制裁を開始した際、トルコはカタール側についたからだ。

一部では、トルコの危機が貿易や銀行を経由して伝播するのを避けたい欧州連合(EU)諸国が個別に、あるいはEUとして手を差し伸べるのではないかとの観測が浮上している。もっともギリシャ支援のように欧州が大々的に関与する際にはIMFのプログラムと連動しているし、欧州がトルコに大規模な金融支援をする政治的な機運も乏しい。

そうなると残るはロシアと中国で、両国とも「新開発銀行(BRICS銀行)」のメンバーだ。しかし同行には授権資本が1000億ドルしかなく、あくまで融資はインフラ整備が目的で、危機支援ではない。

ニュース速報

ビジネス

米、中国共産党員向けビザ規制強化 観光用などの期間

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は55.9に低下 6カ

ワールド

米シェブロン、資本・探査予算見通し下げ 年間で最大

ワールド

WHO、ワクチン接種電子証明書を模索 免疫パスポー

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月