最新記事

サッカー

好調イングランド代表の裏にあるこれだけの課題

A Homegrown Talent Problem

2019年5月8日(水)17時00分
フランシスコ・ファルディラ、モリッツィオ・バレンティ

19歳のイングランド人選手サンチョは独ドルトムントで大活躍 Ralph Orlowski-REUTERS

<イングランド代表も外国でプレーする選手も大活躍だが、自国選手のリーグ出場が少ないという問題は未解決>

サッカーの「母国」イングランドの代表チームが、このところ近年にない熱い戦いを見せている。3月に行われた2020年欧州選手権(ユーロ2020)の予選2試合では、快勝を遂げた。チェコとモンテネグロを相手に、いずれも5ゴールを上げる見事な勝利だった。

これまでイングランドの選手は国外でプレーすることが少なかったが、最近は外国のクラブで活躍する若手選手も増えてきた。目下の筆頭格は、ドイツのドルトムントで目覚ましい活躍を見せるミッドフィールダーのジェイドン・サンチョ(19)だろう。イングランドの選手育成の努力は実りつつあるようにも見える。

しかしイングランドのプレミアリーグに、イングランドの選手が少ないという問題は解消されていない。

世界最高のリーグとも言われるプレミアリーグには、地球上の最高のサッカー選手が集う。テレビ放映権をはじめとして、巨額の金も流れ込んでくる。当然、クラブには金がある。そのため世界中から最高の才能を集めようとするので、自国出身の選手はどうしても出場機会が限られてしまう。

今シーズンのプレミアリーグ全選手の延べプレー時間のうち、イングランド人選手のプレー時間は35%。09〜10年シーズンの40%から、かなり減っている。

Bチームをもっとつくれ

イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、この問題への懸念を事あるごとに表明している。イングランドの有望な選手の多くが出場機会に恵まれないため、代表に招集する選手の枠が広がらないというのだ。

もっとも、これはイングランドだけの問題ではない。欧州主要リーグでプレーする外国人選手の割合は、09年の35%から18年には40%に増えている。

ただしイングランドは、外国人選手の割合が59%と他国に比べて高い。他の主要国の割合を挙げれば、イタリア54%、ドイツ49 %、スペイン39%、フランス36%という具合だ。

イングランドの有望な選手を育成するにはどうすればいいのだろう。イングランドと大陸ヨーロッパの大きな違いは、クラブのBチームが下部リーグで戦っていないことだ。イングランドでは一般的なU23のリーグなどとは違い、Bチームは若手により高いレベルの試合を経験させられる。スペインやドイツなどのクラブではBチームが活発なおかげで、力のある選手をトップチームに引き上げやすい。

Bチームの活用で最も成功しているのは、ポルトガルかもしれない。ユーロ2016で優勝したポルトガル代表23人のうち9人は、各クラブのBチームに所属していた。しかも、17年のU20ワールドカップで準々決勝まで進んだポルトガル代表21人のうち20人がBチームに所属していた。

世界のサッカーは、Bチームシステムを活用する方向に進んでいるようだ。イングランドも、その採用を真剣に考えるべきだろう。とりわけブレグジット(イギリスのEU離脱)が現実のものになれば、これまでは容易だった大陸ヨーロッパからの選手の移籍についても状況が変わってくる。

サウスゲートは、イングランドのサッカーの欠点はかなり改善されているとした上で、プレミアリーグでの自国選手の割合の低さは「パズルの欠けているピース」だと言う。

「マンチェスターシティーB」対「リバプールB」のように、強豪クラブのBチーム同士の対戦が下部リーグで毎週行われるようになれば、このパズルも完成するのかもしれない。

The Conversation

Francisco Fardilha, Doctoral Researcher and Associate Fellow, University of Stirling and Maurizio Valenti, Doctoral Researcher in Sport, University of Stirling

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

<本誌2019年04月23日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工…

  • 5

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 6

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 7

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月