最新記事

皇室

「史上初」ずくめの新天皇 伝統にとらわれぬその半生

2019年4月28日(日)19時00分

皇太子さまは初の戦後生まれ、かつ初めて両親に育てられたというだけでなく、大学卒業後に海外で研究を続けられた初の天皇となる。写真は天皇陛下74歳の誕生日に宮殿のベランダに立った皇太子ご夫妻。2007年12月、東京で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

5月1日に新天皇に即位される皇太子さま(59)は、真面目で勉強熱心な性格として知られ、外交官だった雅子さま(55)と結婚される際には「全力でお守りします」と約束された。

皇太子さまは初の戦後生まれ、かつ初めて両親に育てられたというだけでなく、大学卒業後に海外で研究を続けられた初の天皇となる。

天皇陛下が4月30日に退位されるのに伴い、皇太子さまは5月1日に即位される。天皇の譲位は約200年ぶりとなる。

皇太子さまは2月、誕生日の記者会見で「これからのことを思うと、とても厳粛な気持ちになります」と語られた。

一般人とセルフィ―も

3人きょうだいの長男である皇太子さまは、乳母や傅育官(ふいくかん)ではなく、母親の美智子さまが子育てにあたられた。国民に皇室を身近に感じてもらえるよう、美智子さまは皇太子さまに手作りの弁当を持たせたりもした。

英オックスフォード大学で中世ヨーロッパの水上交通を研究された皇太子さまは、2年間の留学生活について、人生最良の時期のひとつ、と表現されている。

「遊び心がある」と言われる皇太子さまは、デンマーク訪問の際には市民のセルフィ―(自分撮り)の要望に応え、一緒に写真に収まった。

献身的な家族愛

皇太子さまは宮内庁職員らの反対を押し切り、小和田雅子さん(当時)と結婚。2人の出会いはコンサート会場で、その後何年も交際は続いたが、雅子さまは当初、プロポーズを断っていた。

結婚から10年経った2003年後半、雅子さまはほとんど公の場に姿を見せなくなり、医師団は「適応障害」という病名を発表した。皇室の環境に身を置くストレスや、世継ぎを生まなくてはならないというプレッシャーから来るものだった。

雅子さまを何としても守ろうと、皇太子さまが発した言葉は国民に衝撃を与えた。皇太子さまは雅子さまについて、皇室の環境に適応しようとして「疲れ切ってしまっているように」見えるとした上で、「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた人格を否定するような動きがあったことも事実です」と述べられた。

弟である秋篠宮さまはこれに異論を唱え、天皇陛下も心配を口にされることとなった。

近代以降では初めて息子がいない天皇となる皇太子さまは、17歳の長女・愛子さまに愛情を注がれおり、保守的な日本ではまだ一般的とは言えない、男親による積極的な子育てに取り組まれている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国ハッカー集団、バイデン氏陣営にサイバー攻撃=グ

ビジネス

米億万長者の資産5650億ドル拡大、コロナ危機から

ワールド

FB、中国新華社などに「国営メディア」と表示 広告

ワールド

アストラゼネカ、コロナワクチン候補20億回分生産へ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月