最新記事

台湾海峡

中台緊張!は「アメリカのせいだ」

China Media Blames U.S. for Stirring Trouble in Taiwan

2019年4月2日(火)13時30分
デービッド・ブレナン

3月31日に台湾海峡の中間線を超えた殲(J)11戦闘機と同型機 REUTERS/U.S. Navy

<中国軍が台湾に対して軍事力を誇示しているのは「手を引けというアメリカへのメッセージだ」>

中国軍の戦闘機が中国本土と台湾を隔てる台湾海峡の実質的な停戦ラインとされている「中間線」を越え、国際社会が身構えるなか、中国共産党機関紙の人民日報系のタブロイド紙である環球時報は4月1日、中国側は確信犯的な声明を発表した。

3月31日、中国空軍の戦闘機「殲11」2機が中間線を越えて、一時台湾本島側の空域に入り、10分間ほど飛び続けた。台湾側からも戦闘機数機が緊急発進をかけ、一時海峡は緊張に包まれた。台湾側は中国が「無謀で挑発的な行動」だと非難し、「地域の安全と安定に重大な影響を及ぼす」ものだと警告した。

環球時報は、匿名のアナリストの声明を引用し、台湾独立を支持するアメリカ政府が台湾海峡で実施した「航行の自由」作戦への返答だった可能性があるとの見方を示した。

「中華民国」の正式名称を持つ台湾は、中国の内戦(国共内戦:中国共産党と中国国民党が繰り広げた内戦)で共産党が勝利した後に中国本土から台湾に移り、70年以上にわたって独立国家として機能している。だが中国政府は今も同島を中国の一部と見なしており、「ひとつの中国」原則の下で、外交的なものであれ軍事的なものであれ、あらゆる手段を講じて中台統一の姿勢を維持している。

「アメリカが落ち着けば台湾も落ち着く」

台湾の独立問題は何十年も前から米中間の外交上の火種となっており、米議会は台湾の主権を守るために武器売却や軍の派遣・駐留などの支援をしてきた。

「中国本土の匿名のある台湾問題専門家」は環球時報に対し、中台間の緊張が続いているのは、アメリカ政府がこの問題に関与しているからだと指摘した。「実際のところ、台湾にはもはや標的にする価値はない」とこの専門家は語った。「中国がその軍事力を示しているのは、アメリカに対して、引き際を思い知らせるためだ。台湾が問題を起こすのは、アメリカがそれを支持するからだ。アメリカが落ち着けば台湾も落ち着くだろう」

中台間の中間線は心理的なラインにすぎず、中国政府は線の両側が中国の領土だと考えているとつけ加えた。

米海軍は2019年に入ってから3回にわたって台湾海峡に艦船を派遣しており、最近では3月24日に作戦実行が確認されている。台湾の蔡英文総統は、中国は「ひとつの中国」の原則を維持する姿勢を示すために、台湾海峡での哨戒活動も増やしていると警告している。

ドナルド・トランプ米政権は、F16戦闘機を台湾に売却することを暗黙に了承したと報じられている。ブルームバーグによれば、これが実現すればアメリカが台湾に新型戦闘機を売却するのは1992年以来のこととなり、また台湾独立を支持するトランプ政権の直接的な意思表明となる見通しだ。

米中関係は、大きな犠牲を伴う貿易戦争や南シナ海の領有権問題をめぐって既に緊張状態にある。中国はアジア諸国と領有権を争う南シナ海を実効支配するため海軍基地のネットワークを建設している。これに対してアメリカは航行の自由作戦を実行し、米軍の戦闘機や艦船を同海域に派遣しており、中国がこれに抗議している。

20201006issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月6日号(9月29日発売)は「感染症vs国家」特集。新型コロナに最も正しく対応した国は? 各国の成功例と失敗例に学ぶ。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:米大統領選第1回TV討論会の見どころ

ワールド

米加州の山火事、北部で3人死亡 ワイン産地ナパバレ

ワールド

韓国、コロナ新規感染者の減少続く 当局は連休控え警

ワールド

ナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘は28日夜も継続=ア

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月