最新記事

ブレグジット

強行離脱か穏健な道を探るか 決断迫られる英国メイ首相

2019年4月1日(月)10時43分

メイ英首相(写真中央)が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案が英議会で三たび否決されたことを受け、首相は合意のないまま離脱するか、一段と穏健な離脱を交渉するか、総選挙の前倒し実施を決断するか迫られている。英議会で29日撮影。英議会提供(2019年 ロイター)

メイ英首相が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案が英議会で三たび否決されたことを受け、首相は合意のないまま離脱するか、一段と穏健な離脱を交渉するか、総選挙の前倒し実施を決断するか迫られている。

メイ首相は自身の離脱案が可決されれば辞任する意向を表明していたが、反対派を翻意させることはできなかった。これを受けて離脱がいつどのような形で実現するのかだけでなく、実際に離脱するのかを含め一段と混迷が深まった。

英議会は1日、EU離脱に関し過半数の支持が得られる代替案を模索するための投票を再び実施する。メイ首相はその後、早ければ2日に自身の離脱案を再び採決にかける可能性がある。

ガーク司法相はBBCテレビに対し「現在は理想的な選択肢がなく、想定されるいかなる結果についても説得力ある反対論がある。それでもわれわれは何かをしなくてはならない」と強調。

「首相は残された選択肢を検討しており、何が起こり得るか考えているが、何らかの決定が下されたとは私は思わない」と述べた。

ただ、メイ氏の与党・保守党内では早急な決断を求める声が高まった。英大衆紙サンによると、同党の議員314人のうち170人はメイ氏に書簡を送り、合意の有無にかかわらず数カ月内にブレグジット(EU離脱)を実施するよう求めたという。

EU首脳は今月、メイ英首相がEUと合意した離脱協定案が英議会で承認されない場合、離脱日を3月29日から4月12日まで2週間延期し、それまでに新たな計画を示すか、合意なき離脱を選ぶか決断するよう求めている。

先行きは依然不透明

ロンドンでは前週、ブレグジット支持者とEU残留派の両方がデモを行っており、世論は引き続き分断されている。両派とも多くの国民は政治のリーダーシップが欠如しているとの不満を抱いている。

議会は1日1900GMT(日本時間2日午前4時)、議員らがこれまで提示した9つの離脱代替案から下院のバーコウ議長が選んだ案について投票を実施する。これには合意なき離脱や合意なき離脱の阻止、EUとの関税同盟の維持、2度目の国民投票の実施といった案が含まれている。

ガーク司法相は「議会の意向を非常に慎重に考慮に入れる必要があるのは明白だ」と述べた。

これまでのところ下院で過半数を得た代替案はないため、総選挙の前倒し実施に関する観測も浮上。ただ、どのような結果に結び付くかは予測不可能で、保守党を誰が率いることになるのかも不明。

保守党のジェームズ・クレバリー副幹事長は総選挙実施の計画はないと述べた。一方、最大野党・労働党のトム・ワトソン副党首は同党は選挙への準備があると語った。

労働党影の外相のエミリー・ソーンベリー氏はメイ内閣の不信任投票を求める動議を提出する可能性があると述べた。「メイ氏が首相の座にとどまるのか、誰かに交代するのか、次の首相は誰になるのか全く分からない。混乱状態だ」と嘆いた。

[ロンドン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

中南米のコロナ感染死者、北米上回る=ロイター集計

ビジネス

ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目=N

ビジネス

S&Pとナスダック下落、ハイテク大手の下げ重し

ワールド

原油先物1%安、コロナ感染者増加や米中間の緊張懸念

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月