最新記事

ネットバズ

あなたは飲む?飲まない? 英ネット民がざわついた「牛乳+コーラ」

2019年3月14日(木)18時00分
松丸さとみ

11Alive-YouTube

「ミルクコークは存在するよ」

イングランド中西部のバーミンガムに暮らすコメディ作家のジェームズ・フェルトン氏はツイッターに、「ミルクコークは本当に存在するよ。バーミンガムっ子はみんな大好き。でもこの議論はこれで終わり。質問は受け付けない」と写真入りで投稿し、むしろ議論を巻き起こしてしまった。

牛乳とコカコーラを混ぜて飲むというこのツイートは、数千回のリツイートやいいねを集め、数千という返信がされ、英国のツイッターではトレンド入りを果たした。また、英紙メトロが「ツイッターを見ていたら心底震え上がるようなものを見つけてしまった」として記事にするなど複数のメディが取り上げ、さらに話題となった。

ツイッターではフェルトン氏の投稿に対し、「神様が泣いているよ」「バーミンガムではこんなことしないけど。本当ならすぐにやめるべき」「他のものなら何でも飲むけどこれはムリ」などと否定的な反応が多かった。中には、「MOMOがそこにいるんでしょ?」と、自滅的な行動をさせるとして先日話題になった都市伝説のMOMOを引き合いに出す人もいた。

ところでコーラと牛乳を合わせると凝固するが、「そうしたらどうするの?」との質問ツイートにフェルトン氏は「(凝固したものを)噛むんだよ」と返信。これには嫌悪感を表すツイートが多く寄せられた。

一方で、フェルトン氏に同意する意見も見られた。「ミルクコークは50年くらい前からあるから特に新しいものでもないよ」という声や、「ミルクコークが常識じゃないってことにビックリなんだけど。私が4歳の時だから24年前くらいかな、親に教えてもらったよ」という意見もあった。

バニラ味なしのコーラフロート?

前述のメトロは、バーミンガムだけでなくスコットランドでも人気だという噂を聞いたと書いている。SNSで情報を集めたところ、中国とタイでも人気だということがわかったが、これはコンデンスミルクであってフェルトン氏の言う牛乳ではないとしている。

メトロは実際にミルクコークを自分たちでも試してみようということで、2人のスタッフに飲んでもらい、それを動画にしている。1人はそもそも牛乳が嫌いという女性で、動画では「まったく不快な味」だと断言。撮影後は「大金でももらわない限りもう絶対飲まない」と話したそうだ。もう1人は、炭酸がマイルドになったため「ソフトなコーラって感じ」だと話し、「すんごいおいしい」と感想を述べた。ただし同紙によるとこの男性は前夜に甘いお菓子が乗ったパスタを食べていたそうなので、「彼の意見は真剣に受け止められない」とのことだ。

英国からの1件のツイートに端を発した論争は海も渡り、米国アトランタやカナダのトロントなどの複数のニュース番組や情報番組がこの話題を取り上げた。こうした番組では実際に司会者らが番組内でミルクコークを試してみた。「絶対ムリ」と言って試飲をこばんだ出演者も少なくなく、口にした人も「不味い」と感想を述べていた。

YouTubeを「Milk Coke」で探してみると、「チャレンジ」や「実験」とした数年前の投稿がいくつか見られたが、普段飲んでいるものとして紹介している動画は見当たらなかった。

また、フェルトン氏のツイートに触発されたと思われる、数日前にアップロードされた動画が多く見られた。その1つ「フードレビューUK」では、アイスのバニラ風味やリッチな味はないもののコーラフロートの味に似ており、「いいと思う」「これを飲む人の気持ちは分かる」と肯定的な感想を述べていた。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月