最新記事

ネットバズ

あなたは飲む?飲まない? 英ネット民がざわついた「牛乳+コーラ」

2019年3月14日(木)18時00分
松丸さとみ

11Alive-YouTube

「ミルクコークは存在するよ」

イングランド中西部のバーミンガムに暮らすコメディ作家のジェームズ・フェルトン氏はツイッターに、「ミルクコークは本当に存在するよ。バーミンガムっ子はみんな大好き。でもこの議論はこれで終わり。質問は受け付けない」と写真入りで投稿し、むしろ議論を巻き起こしてしまった。

牛乳とコカコーラを混ぜて飲むというこのツイートは、数千回のリツイートやいいねを集め、数千という返信がされ、英国のツイッターではトレンド入りを果たした。また、英紙メトロが「ツイッターを見ていたら心底震え上がるようなものを見つけてしまった」として記事にするなど複数のメディが取り上げ、さらに話題となった。

ツイッターではフェルトン氏の投稿に対し、「神様が泣いているよ」「バーミンガムではこんなことしないけど。本当ならすぐにやめるべき」「他のものなら何でも飲むけどこれはムリ」などと否定的な反応が多かった。中には、「MOMOがそこにいるんでしょ?」と、自滅的な行動をさせるとして先日話題になった都市伝説のMOMOを引き合いに出す人もいた。

ところでコーラと牛乳を合わせると凝固するが、「そうしたらどうするの?」との質問ツイートにフェルトン氏は「(凝固したものを)噛むんだよ」と返信。これには嫌悪感を表すツイートが多く寄せられた。

一方で、フェルトン氏に同意する意見も見られた。「ミルクコークは50年くらい前からあるから特に新しいものでもないよ」という声や、「ミルクコークが常識じゃないってことにビックリなんだけど。私が4歳の時だから24年前くらいかな、親に教えてもらったよ」という意見もあった。

バニラ味なしのコーラフロート?

前述のメトロは、バーミンガムだけでなくスコットランドでも人気だという噂を聞いたと書いている。SNSで情報を集めたところ、中国とタイでも人気だということがわかったが、これはコンデンスミルクであってフェルトン氏の言う牛乳ではないとしている。

メトロは実際にミルクコークを自分たちでも試してみようということで、2人のスタッフに飲んでもらい、それを動画にしている。1人はそもそも牛乳が嫌いという女性で、動画では「まったく不快な味」だと断言。撮影後は「大金でももらわない限りもう絶対飲まない」と話したそうだ。もう1人は、炭酸がマイルドになったため「ソフトなコーラって感じ」だと話し、「すんごいおいしい」と感想を述べた。ただし同紙によるとこの男性は前夜に甘いお菓子が乗ったパスタを食べていたそうなので、「彼の意見は真剣に受け止められない」とのことだ。

英国からの1件のツイートに端を発した論争は海も渡り、米国アトランタやカナダのトロントなどの複数のニュース番組や情報番組がこの話題を取り上げた。こうした番組では実際に司会者らが番組内でミルクコークを試してみた。「絶対ムリ」と言って試飲をこばんだ出演者も少なくなく、口にした人も「不味い」と感想を述べていた。

YouTubeを「Milk Coke」で探してみると、「チャレンジ」や「実験」とした数年前の投稿がいくつか見られたが、普段飲んでいるものとして紹介している動画は見当たらなかった。

また、フェルトン氏のツイートに触発されたと思われる、数日前にアップロードされた動画が多く見られた。その1つ「フードレビューUK」では、アイスのバニラ風味やリッチな味はないもののコーラフロートの味に似ており、「いいと思う」「これを飲む人の気持ちは分かる」と肯定的な感想を述べていた。

ニュース速報

ワールド

中東4カ国で新型ウイルス感染初めて確認、イランから

ワールド

イタリア、新型ウイルスの死者計6人・感染者220人

ビジネス

中国人民銀、新型肺炎対策に一段の措置 穏健な金融政

ビジネス

独IFO業況指数、2月は予想外の上昇 新型肺炎に懸

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月