最新記事

アマゾン

アマゾンのジャングルに打ち上げられたザトウクジラの不思議

26-Foot Humpback Whale Found Dead In Amazon Jungle, Experts Baffled

2019年2月26日(火)14時56分
バイシュナビ・バイディアナタン

マングローブの深い森で見つかったザトウクジラの子ども Daily Mail/YOUTUBE

<生息地から遠い海、それもジャングルになぜ? 首をかしげる研究者たち>

2月22日、ブラジル北部のアマゾン川河口にある巨大な中州でザトウクジラの死骸が見つかった。1歳程度とみられるクジラの死骸が見つかったのは、浜辺から15メートルも入ったジャングルの中。いったいどのようにここまできたのか、専門家は首をひねっている。

クジラの体長は8メートルほど。死骸にハゲワシが集まってきたのを見た生物学者グループが発見した。ブラジル健康・衛生・環境局のディルレーネ・シルヴァは次のように語った。「猛禽類が死骸を漁っていなかったら、クジラは見つからなかった。海から離れたやぶの中に隠れていた死骸の上を、ハゲワシがぐるぐる飛び回っていることに、生物学者たちが気づいた」

マラジョ島で野生生物の保護活動を行うNGO「ビチョ・ダグア研究所」の専門家は、クジラが自然の生息環境からはるか離れた場所で死骸で見つかったことに驚いていると述べた。また、クジラは岸に打ち上げられる前に死んでいた可能性もあるという。

同NGO代表のレナータ・エミンは、「クジラがどうやってここにたどり着いたのかは、まだわからない」と述べた。「岸の近くを泳いでいて、ここ数日の高潮に乗って流され、マングローブが生い茂るジャングルの奥に運ばれたのかもしれない」

「この死骸の発見場所に驚くとともに、ザトウクジラがブラジル北岸で2月に何をしていたのか困惑している。こんなことは滅多に起こらない」と、エミンはニュージーランド・ヘラルド紙に語った。

こんな北にはめったに来ない

「ザトウクジラは通常、ここまで北上しない。3年前に一度だけ、この近辺で見かけたが、大変珍しいことだ。このクジラはおそらく子どもで、母親と一緒に2つの大陸のあいだを回遊していて、迷子になったか、離れ離れになったのではないか」

生物学者たちは、このクジラがどのように死んでジャングルまで運ばれてきたのかを解明するため、死骸の劣化が進む前にサンプルを収集した。

「腐敗の程度によっては、すでに消えてしまった情報もあるかもしれない。できる限り情報を収集し、死骸に残った痕跡や傷を鑑定して、魚網にかかったのか、船に衝突したのかを調べたい」

死骸から収集したサンプルの検査には、10日ほどかかる見込みだ。

ザトウクジラは通常、8月から11月にかけて、ブラジル中部のバイーア州北東部沿岸で目撃される。クジラたちはその後、餌を求めて南極へと向かうという。

(翻訳:ガリレオ)

※3月5日号(2月26日発売)は「徹底解剖 アマゾン・エフェクト」特集。アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)とは、アマゾンが引き起こす市場の混乱と変革のこと。今も広がり続けるその脅威を撤退解剖する。ベゾス経営とは何か。次の「犠牲者」はどこか。この怪物企業の規制は現実的なのか。「サバイバー」企業はどんな戦略を取っているのか。最強企業を分析し、最強企業に学ぶ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、イスラエル・ウクライナ支援姿勢強調 士

ワールド

ガザ戦闘休止交渉、近く再開の見通し ハマス当局者「

ワールド

英首相、選挙に勝てば18歳に兵役導入へ

ワールド

中国がグアテマラの貨物入国拒否、台湾との関係影響か
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中