最新記事

袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ

【ブレグジット超解説】最大の懸案はアイルランド国境を復活させない予防措置「バックストップ」

Brexit Q&A

2019年2月14日(木)16時00分
ウィリアム・アンダーヒル(ジャーナリスト)

北アイルランドとの国境に「検問所」を設置して抗議するブレグジット反対派(アイルランドのキャリックカーナン)CLODAGH KILCOYNE-REUTERS

<交渉の最大のポイントになったアイルランド国境をめぐるこの「安全策」とは何なのか 英国人ジャーナリストが読み解くブレグジットの基本>

ブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる議論は、英政界にここ数十年で最も深刻な分断を招いている。3月29日の離脱まであと約2カ月。英議会は1月15日、政府とEUが合意した離脱協定案を大差で否決した。

協定案の争点と今後について、在英イギリス人ジャーナリストのウィリアム・アンダーヒルに聞いた。

◇ ◇ ◇


――議会はなぜ離脱協定案を受け入れないのか。

585ページに及ぶ離脱協定案の大半に関して、議員の多くに異論はない。協定案は離脱の手続きや、イギリスにおけるEU市民の権利、イギリスとEUの将来の関係の枠組みなどについて定めている。さらに、離脱から20年末までを「移行期間」とし、その間に恒久的な貿易協定を決めるとしている。

しかし、昨年11月に協定案が公表されて以来、与野党を問わず議員からも、ブレグジットの賛成派からも反対派からも、猛烈な反発が起きている。

強硬な残留派の多くは今もブレグジットに反対で、協定によって離脱が正式なものになることが許せない。離脱派は、テリーザ・メイ首相が譲歩し過ぎて、期待していた完全な決別が実現しないと危惧する。そして最大の懸念は、離脱協定案の北アイルランドに関する「バックストップ(安全策)」だ。

――バックストップとは?

一般には、緊急事態に備える予防措置のことだ。移行期間が終わるまでにイギリスとEUが包括的な貿易協定で合意する保証はないから、保険を掛けておこうというのだ。

貿易協定がまとまらなければ、アイルランド島では、EU加盟国のアイルランドと英領の北アイルランドを隔てる約500キロの境界線で、厳しい国境管理が必要になる。ただし、検問所や税関審査などを置く「ハード・ボーダー(物理的な国境)」の復活は、多くの人にとって考えられない。

そこで、協定案はバックストップという保険を用意した。国境管理の明確な解決策が見つからなければ、移行期間が終わった後もイギリスはEUの関税同盟内にとどまり、アイルランド国境は完全に開放されたままになる。

――バックストップがここまで反対される理由は。

特に問題とされているのは、バックストップ条項に期限を設けていないことだ。イギリスとEUの交渉で新しい合意に達した場合にのみ、失効する。

理論上は、イギリスは離脱後も、EUの関税同盟のルールに無期限で縛られることになる。その影響は深刻だ。例えば、バックストップ条項が発効している間、イギリスはEU以外の国や地域と独自に貿易協定を結ぶことができない。そうした貿易協定こそ、離脱派がブレグジットの大きな利点と見なすものでもあるのに。

ニュース速報

ワールド

中国、台湾との全面戦争に備える兆候ない=国防部長

ビジネス

英住宅ローン承認件数、8月は13年ぶり高水準 消費

ワールド

トルコは今年0.3%成長へ、コロナ危機からの回復見

ワールド

英国のEU離脱協定再考、認められない=独欧州担当相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 6

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月