最新記事

テロ

フィリピン、自爆テロは宗教間抗争へ? 教会自爆テロの犯行グループ5人逮捕、14人追跡中

2019年2月7日(木)11時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)

逮捕された自爆テロ犯行グループのメンバー (c) News5Everywhere / YouTube

<1月末に発生した爆弾テロ事件は犯行グループの一部が自ら出頭したものの、新たなテロ発生のリスクは依然として残ったままだ>

フィリピン治安当局は1月27日に南部スールー州ホロのカトリック教会で起きた爆弾テロ事件に関連して2月6日までに犯行グループの一部とみられる5人を逮捕し、さらに14人の行方を追っていることを明らかにした。

フィリピンの地元紙「フィリピン・スター」電子版や「インクワイアラー」などの報道を総合すると、犯行現場付近にあった監視カメラの映像や目撃者情報、さらに治安当局の内偵捜査などから爆弾テロ事件にフィリピンのイスラム教過激派組織「アブサヤフ」が深く関連していることが判明。

関係した疑いのある「アブサヤフ」のメンバーを特定して大規模な捜索を続けていたところ2月2日以降、5人が次々と出頭し、身柄を拘束された。

5人は主犯格の1人であるムカマール・ペイ(別名カマ)、アルナジ・ガジャリ(同アパ)、ラジャン・ガジャリ、カイサル・ガジャリ(同イサル)、サイド・アリ(同パポン)各容疑者で、テロ実行犯に爆弾製造や教会への道案内、作戦立案、準備などで協力した疑いがもたれている。

治安当局はこの5人のほかにさらに14人の「アブサヤフ」関係者を特定して現在鋭意行方を追っているとしている。

フィリピン司法省のマーク・ペレテ副長官は民放「GMAニュース」に対して「容疑者5人は殺人と殺人未遂の容疑で起訴、裁判にかけられることになる」と述べている。

実行犯はインドネシア人で自爆

死者22人、負傷者100人以上という被害を出した今回の爆弾テロ事件では、フィリピン治安当局が実行犯をインドネシア人の男女で自爆テロによる犯行との見方を強め、エドアルド・アニョ内務・地方自治相は「自爆テロであると正式に確認した」と発表している。

ただ、自爆テロ実行犯のインドネシア人に関しては身元が依然不明確で、バラバラになった犯人とみられる遺体のDNA鑑定を進めている。

インドネシア政府もこれまでのところ「情報が錯綜しており、確定的なことはまだ何もない段階でインドネシア人が実行犯のような決めつけをするべきではない」(ウィラント政治司法治安担当調整相)と慎重な姿勢を見せて、フィリピン当局の捜査を見守っている。インドネシア外務省も「フィリピン側からテロ実行犯に関する正式の照会も情報も来ていない」としたうえで、必要ならインドネシア側から捜査員をフィリピンに派遣することも検討したいとしており、国籍を含めた身元の特定にはなお時間がかかるとの見方が強い。

逮捕した5人の容疑者の裁判については、容疑者の安全確保のためにもマニラに移送して裁判をするべきとの声もでている。しかし司法関係者や地元ホロの検察庁などでは「起訴、公判となると証拠や証人が必要であり、そうなると地元での裁判の方が便利である」との判断から公判はホロ地方裁判所で行われる公算が高くなっているという。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

ワールド

英中銀、市場機能不全時に政府に融資へ 新型コロナで

ビジネス

米FRB、地方政府と中小企業支援に2.3兆ドル 新

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月