最新記事

台湾

中台関係改善の絶好の機会を、習近平は逃した

2019年1月21日(月)11時30分
デレク・グロスマン(ランド研究所防衛担当上級アナリスト)

年初から習近平と激しい言葉の応酬を続ける台湾の蔡英文 ASHLEY PON-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<売り言葉に買い言葉で極限まで悪化する中台関係。「一国二制度」を迫る中国に反発する蔡政権だが>

約3年前の2015年11月、当時の台湾総統馬英九(マー・インチウ)と中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がシンガポールで顔を合わせ、史上初の中台首脳会談が行われた。間もなく任期を終えようとしていた馬と突然の会談を行った習には、狙いがあった。2016年1月の台湾総統選挙が間近に迫るなか、独立志向の最大野党・民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)の優勢が伝えられていた。

馬を取り込んでおけば将来、蔡政権を弱体化させられるのでは――中国はそうみたのかもしれない。習はまた、会談によって、蔡も馬と同様に「92年コンセンサス(九二共識)」を受け入れざるを得ない立場になると考えた。「一つの中国」の原則を堅持しつつ、その意味の解釈は各自で異なることを認める、とした1992年の中台間の合意だ。

現状は、中台関係改善とは正反対の方向に向かっている。新年を迎えるや、習と蔡は激しい舌戦を繰り広げだした。まずは蔡が新年の談話で、中台交流の「4条件」を発表。台湾の存在を認めること、台湾の自由と民主主義を尊重すること、平和的かつ対等に対処すること、政府や公的機関のみを通じて対話すること、を列挙した。

習は翌日、中国が1979年に平和統一を呼び掛けた「台湾同胞に告げる書」の40周年記念式典で演説。92年コンセンサスの「一つの中国」の「意味の解釈の違い」を容認するどころか、「一つの中国原則」の解釈しかあり得ないとする考えを示した。さらに、将来的な枠組みとして「一国二制度」を台湾に迫った。

これに対し蔡は、「私たちは92年コンセンサスを受け入れたことはなく」、台湾は「決して『一国二制度』を受け入れない」と談話を発表。蔡政権発足以来続く中台間の「冷たい平和」は、さらに凍り付いた。

反中国で与野党が連携?

関係悪化の責任の大半は、習にある。習は「中国の夢」実現には、台湾との再統一が不可欠と位置付けてきた。一方で習はこれまで、台湾の態度を測るリトマス試験紙として、92年コンセンサス(前述のとおり今となっては「一つの中国」を意味する)を使ってきた。

残念ながら中国は、中台関係改善の絶好の機会を逃したのかもしれない。中国から分離主義者のごとく見なされている蔡だが、実際には現実的で中国の良きパートナーになる可能性を示してきた。蔡はこれまで、口には出さずとも92年コンセンサスを堅持してきたし、台湾独立を強硬に叫ぶ勢力からも距離を置いてきた。何より、「中台関係の現状維持」を掲げている。

ニュース速報

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

ワールド

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転

ワールド

暴動に発展のミネソタ黒人死亡事件、殺人容疑で元警官

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月