最新記事

台湾

中台関係改善の絶好の機会を、習近平は逃した

2019年1月21日(月)11時30分
デレク・グロスマン(ランド研究所防衛担当上級アナリスト)

年初から習近平と激しい言葉の応酬を続ける台湾の蔡英文 ASHLEY PON-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<売り言葉に買い言葉で極限まで悪化する中台関係。「一国二制度」を迫る中国に反発する蔡政権だが>

約3年前の2015年11月、当時の台湾総統馬英九(マー・インチウ)と中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がシンガポールで顔を合わせ、史上初の中台首脳会談が行われた。間もなく任期を終えようとしていた馬と突然の会談を行った習には、狙いがあった。2016年1月の台湾総統選挙が間近に迫るなか、独立志向の最大野党・民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)の優勢が伝えられていた。

馬を取り込んでおけば将来、蔡政権を弱体化させられるのでは――中国はそうみたのかもしれない。習はまた、会談によって、蔡も馬と同様に「92年コンセンサス(九二共識)」を受け入れざるを得ない立場になると考えた。「一つの中国」の原則を堅持しつつ、その意味の解釈は各自で異なることを認める、とした1992年の中台間の合意だ。

現状は、中台関係改善とは正反対の方向に向かっている。新年を迎えるや、習と蔡は激しい舌戦を繰り広げだした。まずは蔡が新年の談話で、中台交流の「4条件」を発表。台湾の存在を認めること、台湾の自由と民主主義を尊重すること、平和的かつ対等に対処すること、政府や公的機関のみを通じて対話すること、を列挙した。

習は翌日、中国が1979年に平和統一を呼び掛けた「台湾同胞に告げる書」の40周年記念式典で演説。92年コンセンサスの「一つの中国」の「意味の解釈の違い」を容認するどころか、「一つの中国原則」の解釈しかあり得ないとする考えを示した。さらに、将来的な枠組みとして「一国二制度」を台湾に迫った。

これに対し蔡は、「私たちは92年コンセンサスを受け入れたことはなく」、台湾は「決して『一国二制度』を受け入れない」と談話を発表。蔡政権発足以来続く中台間の「冷たい平和」は、さらに凍り付いた。

反中国で与野党が連携?

関係悪化の責任の大半は、習にある。習は「中国の夢」実現には、台湾との再統一が不可欠と位置付けてきた。一方で習はこれまで、台湾の態度を測るリトマス試験紙として、92年コンセンサス(前述のとおり今となっては「一つの中国」を意味する)を使ってきた。

残念ながら中国は、中台関係改善の絶好の機会を逃したのかもしれない。中国から分離主義者のごとく見なされている蔡だが、実際には現実的で中国の良きパートナーになる可能性を示してきた。蔡はこれまで、口には出さずとも92年コンセンサスを堅持してきたし、台湾独立を強硬に叫ぶ勢力からも距離を置いてきた。何より、「中台関係の現状維持」を掲げている。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 8

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月