最新記事

アメリカ大統領

叩き上げなんてウソ、トランプは親の遺産を食いつぶすダメ息子だった

Trump Was a ‘Failure’ and ‘Daddy’s Little Welfare Case’

2018年12月26日(水)18時30分
ジェーソン・レモン

トランプは運用も事業も下手でいつも父親に助けられていた?(2007年、息子のバロンと) Chris Pizzello-REUTERS

<自力で富を稼いだというのは嘘? 2018年を振り返るテレビ討論会で、トランプの真の姿が暴かれた>

ニュース専門放送局MSNBCは12月24日、2018年の思い出に残るニュースについてのパネル討論会を放送。そのなかで、ドナルド・トランプ大統領の財産の大半が父親の遺産と脱税で築かれたものだと暴露した10月のニューヨーク・タイムズ(NYT)の記事が話題になり、盛り上がった。

トランプは常々、自分は叩き上げの億万長者だと言っている。だがNYTによると、トランプは3歳のころから現在にいたるまで、親から総額4億1300万ドル相当をもらってきた。トランプと4人の兄弟は、親の脱税を手伝ったこともあるという。

パネリストの一人であるMSNBCのジョイ・リード記者は、トランプは莫大な遺産を相続したけど運用がひどく下手だった、と言った。「4億1300万ドルを相続した誰かさんが、9億ドルも損を出したんだから」

「そこだよ」と、司会者のクリス・ハインズは言った。「そこが詐欺だ。トランプの成功神話のウソは暴かれた。トランプは父親に助けてもらったんだ」

「トランプは連続破産魔で、父親がいつもその尻ぬぐいをしていたことも明らかになった」

詐欺を世界に

フォーダム大学のクリスチアナ・グリーア教授は、トランプの故郷であるニューヨークの人々は、大統領が「ペテン師で、嘘つきで、ずるい」ことをずっと前から知っていたと主張した。

「今では、トランプが違法な事業を受け継いだこともわかっている」と、プリンストン大学のエディ・グラード教授がつけ加えた。

トランプ自身は、親からもらったのは、自分の不動産ベンチャーを始めるときに受けた100万ドルの融資だけと説明している。NYTの記事は、実際はケタ違いの資産を受け継いだことを明らかにし、またトランプ兄弟は相続資産を過少申告して脱税した、とも主張している。

当時、トランプの弁護士チャールズ・J・ハーダーは、この記事を全面的に否定した。

「ニューヨーク・タイムズによる詐欺と脱税の報道は100%誤りだし、ひどい中傷だ」と、ハーダーは声明で述べた。「誰も詐欺や脱税など行っていない。主張の根拠も極めて不正確だ」

24日の討論会で、アメリカ国民は今まさに国内および国際レベルでトランプ家の「詐欺」を目撃しているとグリーアは論じた。「はったりをかまし、こけおどしの大言壮語を並べる──トランプは「これを世界に対して行っている」

(翻訳:栗原紀子)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月