最新記事

海外ドラマ

女性たちをとりこにする波瀾万丈の歴史ファンタジー

The Moor the Merrier

2018年12月19日(水)18時00分
アンナ・メンタ

新大陸に渡ったジェイミーとクレアに次々と試練が襲い掛かる STARZ

<スコットランドの荒涼とした風景を舞台に、20世紀の人妻と18世紀の戦士の熱愛を描く『アウトランダー』>

カリフォルニア州に住むアン・エプスタイン(75)は2015年以降、夫と共に3回もスコットランドに旅した。ちなみに夫妻はいずれもスコットランド人の血を一滴も引いていない。

この夫婦だけではない。スー・ネステイシア(58)は2回、アーリーン・ボーリー(67)は4回訪問。「スコットランド詣で」が突然ブームになったのは、テレビドラマ『アウトランダー』の影響だ。

アメリカの衛星・ケーブルテレビ局スターズ制作のこのドラマは、2014年にシーズン1の放映が始まり、今年11月にシーズン4がスタートした。原作はダイアナ・ガバルドンのベストラセラー小説『アウトランダー』シリーズだ。

10月初めに開催されたニューヨーク・コミック・コンベンション(通称NYコミコン)でシーズン4の予告編が上映された際には、大勢のファンが詰め掛けた。彼女たちのお目当てはキャストの舞台挨拶。エプスタインもそのためにニューヨークに飛んだ。「私が『アウトランダー』にはまったのは92年。友達が小説を貸してくれた。夢中で読み終えて、友達に言った。『悪いけど、すぐには返せない。もう一度読みたいから』って」

ストーリーを手短に紹介しよう。第二次大戦直後のロンドンに住む元従軍看護師のクレア(カトリーナ・バルフ)は、夫と共にスコットランドのハイランド地方に滞在中、18世紀半ばのスコットランドにタイムスリップする。そこで彼女はスコットランドの独立のために戦うハイランドの戦士ジェイミー(サム・ヒューアン)と恋に落ちる。

セックスシーンが魅力

シーズン1~3では、クレアは20世紀の知識を生かし、キルトを着用したむさくるしいジェイミーの仲間たちを助けた。彼らの敵はイングランド軍の陰険な将校。この男はクレアの夫の先祖で、夫とうり二つだ。

18世紀と20世紀を行き来しつつ、クレアの心は夫とジェイミーの間で揺れ動くが、ジェイミーと再会するたびにめくるめく情熱に身を任せる。「テレビ史上最高にホットなセックスよ」と、85歳のファンの女性はうっとり顔。彼女はこれまでの放送分を何度も見返したそうだ。「見ているときはとっても幸せ」

ヒューアン演じるジェイミーはロマンチックで誠実。しかも18世紀の男にしては意外に進歩的で、クレアの考えを尊重する。「ジェイミーは女性が望む理想の男」と、ネステイシアは言う。

原作が女性読者の絶大な支持を得ているから、ドラマのヒットも確実だった。それでも製作総指揮のマシュー・ロバーツはシリーズ1の反響に驚いたと言う。放送開始前にロサンゼルスで開催した最初のイベントでは、2500席の会場にファンがあふれた。「まだ1回も放送していないのに、ロックコンサート並みに盛り上がった」

『アウトランダー』はスターズ最大のヒット作の1つで、既にシーズン5、6の放送も決まっている。原作が歴史ファンタジーとあって、HBOの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に例える向きもあるが、違いはドラマが原作に先行する心配がないこと。「4部も先に行っているから、追い越されっこない」と、原作者のガバルドンは言う。原作は第8部まで刊行されており、第10部で完結する予定だ(邦訳は第7部まで刊行されている)。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工…

  • 5

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 6

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 7

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月