最新記事

海外ドラマ

女性たちをとりこにする波瀾万丈の歴史ファンタジー

The Moor the Merrier

2018年12月19日(水)18時00分
アンナ・メンタ

新大陸に渡ったジェイミーとクレアに次々と試練が襲い掛かる STARZ

<スコットランドの荒涼とした風景を舞台に、20世紀の人妻と18世紀の戦士の熱愛を描く『アウトランダー』>

カリフォルニア州に住むアン・エプスタイン(75)は2015年以降、夫と共に3回もスコットランドに旅した。ちなみに夫妻はいずれもスコットランド人の血を一滴も引いていない。

この夫婦だけではない。スー・ネステイシア(58)は2回、アーリーン・ボーリー(67)は4回訪問。「スコットランド詣で」が突然ブームになったのは、テレビドラマ『アウトランダー』の影響だ。

アメリカの衛星・ケーブルテレビ局スターズ制作のこのドラマは、2014年にシーズン1の放映が始まり、今年11月にシーズン4がスタートした。原作はダイアナ・ガバルドンのベストラセラー小説『アウトランダー』シリーズだ。

10月初めに開催されたニューヨーク・コミック・コンベンション(通称NYコミコン)でシーズン4の予告編が上映された際には、大勢のファンが詰め掛けた。彼女たちのお目当てはキャストの舞台挨拶。エプスタインもそのためにニューヨークに飛んだ。「私が『アウトランダー』にはまったのは92年。友達が小説を貸してくれた。夢中で読み終えて、友達に言った。『悪いけど、すぐには返せない。もう一度読みたいから』って」

ストーリーを手短に紹介しよう。第二次大戦直後のロンドンに住む元従軍看護師のクレア(カトリーナ・バルフ)は、夫と共にスコットランドのハイランド地方に滞在中、18世紀半ばのスコットランドにタイムスリップする。そこで彼女はスコットランドの独立のために戦うハイランドの戦士ジェイミー(サム・ヒューアン)と恋に落ちる。

セックスシーンが魅力

シーズン1~3では、クレアは20世紀の知識を生かし、キルトを着用したむさくるしいジェイミーの仲間たちを助けた。彼らの敵はイングランド軍の陰険な将校。この男はクレアの夫の先祖で、夫とうり二つだ。

18世紀と20世紀を行き来しつつ、クレアの心は夫とジェイミーの間で揺れ動くが、ジェイミーと再会するたびにめくるめく情熱に身を任せる。「テレビ史上最高にホットなセックスよ」と、85歳のファンの女性はうっとり顔。彼女はこれまでの放送分を何度も見返したそうだ。「見ているときはとっても幸せ」

ヒューアン演じるジェイミーはロマンチックで誠実。しかも18世紀の男にしては意外に進歩的で、クレアの考えを尊重する。「ジェイミーは女性が望む理想の男」と、ネステイシアは言う。

原作が女性読者の絶大な支持を得ているから、ドラマのヒットも確実だった。それでも製作総指揮のマシュー・ロバーツはシリーズ1の反響に驚いたと言う。放送開始前にロサンゼルスで開催した最初のイベントでは、2500席の会場にファンがあふれた。「まだ1回も放送していないのに、ロックコンサート並みに盛り上がった」

『アウトランダー』はスターズ最大のヒット作の1つで、既にシーズン5、6の放送も決まっている。原作が歴史ファンタジーとあって、HBOの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に例える向きもあるが、違いはドラマが原作に先行する心配がないこと。「4部も先に行っているから、追い越されっこない」と、原作者のガバルドンは言う。原作は第8部まで刊行されており、第10部で完結する予定だ(邦訳は第7部まで刊行されている)。

ニュース速報

ビジネス

米個人消費、1月は0.2%増へ鈍化 所得は0.6%

ワールド

サウジなどOPEC主要国、さらなる減産拡大を検討=

ビジネス

ECB、新型ウイルスで直ちに行動せず 必要なら臨時

ビジネス

新型肺炎で米緩和観測一段と強まる、3月利下げ完全に

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    世界経済を狂わせる新型コロナウイルスの脅威──最大の影響を受けるのは日本

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 5

    新型ウイルスは段ボール、プラスチックの表面で2時間…

  • 6

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 7

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

  • 8

    香港、ペットの犬が新型ウイルス検査で「弱い陽性」 …

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる日本国内の最新状況まと…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 6

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月