最新記事

オランダ

礼拝が続くうちは警官は入れない──6週間祈り続けで移民を強制退去から守る教会

Church Holds Nonstop Service to Block Deportation

2018年12月11日(火)16時33分
ジェイソン・レモン

人々は教会に救いを求める DaveBolton/iStock.

<説教で説いていることを実践する──そう言って有志の牧師が余るほど駆け付けるこの教会は、アメリカの教会と大違い?>

オランダのある教会で、国外退去を迫られているアルメニア難民の家族を守るために、6週間にわたってノンストップで礼拝が続けられている。

12月10日付けニューヨーク・タイムズ紙によると、オランダのハーグにあるベテル教会が、警察は礼拝中に教会に立ち入ることができないという、あまり知られていないオランダの法律を利用して、アルメニアに強制送還されそうになっているタムラジャン一家を守っている。一家は両親と子ども3人で、政治的な理由で父親がアルメニアから逃亡せざるをえなくなり、2010年にオランダに移り住んだ。

一家が複数回にわたり亡命申請を行ったにもかかわらず、政府はそれを認めず国外退去を求めた。政府の要求は最初は裁判で退けられたが、最終的に政府は、亡命申請を却下する決定を通すことができた。とはいえ、教会が礼拝を続け、一家が教会内にとどまっている限り、当局は法律上、国外退去を強制できない。

教会のために取材応対を引き受けている広報コンサルタントのフロリーヌ・クエゼはタイムズ紙にこう語った。「私は信仰に厚い人間ではないが、この話を耳にしたとき夫に言った。『びっくりしないで。私は教会に行きたい』。こういう行いで、教会は再び存在意義を持つことができる」

アメリカの福音派は移民嫌い

オランダのプロテスタント牧師団体でチェアマンを務めるテオ・ヘットマはCNNに対し、「私たちは、神と隣人を愛したいと考えている。そして今回の事態は明らかに、隣人への愛を実践する機会だと思う」と述べた。

ノンストップで礼拝を始めた当初はわずか数人の聖職者しかおらず、一人で夜を徹して説教しなければならない牧師もいた。しかし、この運動はたちまちオランダ全体へと広まり、国内各地の牧師たちが、交代で礼拝を続けたいとボランティアを名乗り出ている。べテル教会はいまでは、礼拝への参加を望む牧師たち全員をシフトに組み入れるのに苦労している状態だ。

一家の長女ハヤルピ・タムラジャンはCNNに対し、「本当に嬉しい。ボランティア全員に感謝している」と述べた。

オランダの右派政権が、国外退去命令を撤回するつもりはないと述べたにもかかわらず、教会側は礼拝をやめる気はない。オランダのプロテスタント教会指導者たちは、べテル教会の礼拝を支持すると正式に表明している。

礼拝に参加した牧師のイェッサ・ファン・デル・ファールトはタイムズ紙に対し、「自分たちが説いていることを実践するだけだ」と語った。

オランダのこうした動きと真っ向から対立するのが、アメリカの白人プロテスタント福音派が支持する考え方だ。公共宗教研究所(PRRI)が10月末に公表した調査結果から、白人プロテスタント福音派の51%が、難民のアメリカ入国を阻止する法律の制定に賛成していることが明らかになった。また、白人福音派の57%が、移民はアメリカ社会を脅かす存在だと感じているという。

(翻訳:ガリレオ)

20210504issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

5月4日/11日号(4月27日発売)は「韓国ドラマ&映画50」特集。『女神降臨』チャウヌ/名作ドラマ20選/韓国映画が世界を席巻する理由/イ・ビョンホン&マ・ドンソクほか。

ニュース速報

ビジネス

米金融街、新たな変異ウイルスや金利上昇などを懸念=

ビジネス

独自動車産業、新技術への投資なければ雇用崩壊=労組

ビジネス

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅安、米雇用統計控え模様眺め

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 7

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」…

  • 10

    迫りくるもう一つの米中逆転

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月