最新記事

中米移民

アメリカを諦めはじめた中米移民とメキシコの過酷な運命

Is the Migrant Caravan Over? Asylum Hopes Fade

2018年11月30日(金)15時53分
ロバート・バレンシア

アメリカ国境の手前で催涙ガスを浴び、5歳の双子と逃げるホンデュラス人の母親(11月25日、ティファナ) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

アメリカを目指して中米を縦断してきた移民キャラバンのなかに、1カ月半以上に及んだ過酷な旅に耐えられなくなり、アメリカでの難民申請をあきらめる人が増えている。大混雑で衛生状態も悪い収容施設で、病気にかかる移民も出始めている。

メキシコ北部にある米国境の町ティフアナでは、到着した移民の一時収容先として当局がスポーツ施設を開放した、とロイター通信が報じた。だが6000人もの移民すべてを収容することはできないため、多くは劣悪な衛生環境を余儀なくされ、床に段ボール箱を敷いて寝る人もいれば、空地にテントを張って雨露をしのぐ人もいる。ロイター通信が確認した匿名の情報源によれば、収容先が大混雑しているせいで、呼吸器疾患やシラミ、水ぼうそうなどの感染も広がっているという。

米国境警備当局も、移民の入国阻止のために強硬手段に出た。11月25日には、一部の移民がメキシコ側から国境の壁を越えようとしたため、女性や子供を含む移民たちに催涙ガスを発射した。アメリカで難民申請を行う希望を失い、メキシコ当局に帰国支援を申請した移民は、少なくとも350人にのぼる。

「もしアメリカかカナダに行けないなら、帰国する」と、グアテマラから来た22歳の男性はロイター通信に語った。メキシコ滞在を選ばないのは、賃金が安く自国に仕送りできないからだ。「ここにいても稼げない」

メキシコ政府は支援の動き

11月末に退陣するメキシコのエンリケ・ペニャニエト政権は、10月に「ここはあなたの家」とする移民の支援策を発表。メキシコ南部チアパスとオアハカの2州にとどまることを条件に移民に一時滞在許可を出し、就労や教育、医療に関する支援を提供すると約束した。ところがメキシコ滞在を選んだのは3000人だけで、残りはアメリカ入国に望みをかけて旅を続けることを選んだ。

10月19日にグアテマラからメキシコの国境を通過した移民のうち、少なくとも2010人が「自主帰国」を申請したと、米紙ワシントン・ポストはメキシコ移民局(NMI)の報道官の話として伝えた。厳しい暑さのなか過酷な条件で歩き続けて疲弊し、さらなる北上を断念したのだ。

より良い生活を手に入れるためなら決意は揺るがない、と言う移民もいる。11月29日には600人超がメキシコの就労許可を申請したとメキシコ外務省は述べた。

「ここまで歩くのに15~20日間かかった。今来た道を帰るなど、あり得ない」と、26歳の女性はロイター通信に語った。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月