最新記事

中米移民

アメリカを諦めはじめた中米移民とメキシコの過酷な運命

Is the Migrant Caravan Over? Asylum Hopes Fade

2018年11月30日(金)15時53分
ロバート・バレンシア

アメリカ国境の手前で催涙ガスを浴び、5歳の双子と逃げるホンデュラス人の母親(11月25日、ティファナ) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

アメリカを目指して中米を縦断してきた移民キャラバンのなかに、1カ月半以上に及んだ過酷な旅に耐えられなくなり、アメリカでの難民申請をあきらめる人が増えている。大混雑で衛生状態も悪い収容施設で、病気にかかる移民も出始めている。

メキシコ北部にある米国境の町ティフアナでは、到着した移民の一時収容先として当局がスポーツ施設を開放した、とロイター通信が報じた。だが6000人もの移民すべてを収容することはできないため、多くは劣悪な衛生環境を余儀なくされ、床に段ボール箱を敷いて寝る人もいれば、空地にテントを張って雨露をしのぐ人もいる。ロイター通信が確認した匿名の情報源によれば、収容先が大混雑しているせいで、呼吸器疾患やシラミ、水ぼうそうなどの感染も広がっているという。

米国境警備当局も、移民の入国阻止のために強硬手段に出た。11月25日には、一部の移民がメキシコ側から国境の壁を越えようとしたため、女性や子供を含む移民たちに催涙ガスを発射した。アメリカで難民申請を行う希望を失い、メキシコ当局に帰国支援を申請した移民は、少なくとも350人にのぼる。

「もしアメリカかカナダに行けないなら、帰国する」と、グアテマラから来た22歳の男性はロイター通信に語った。メキシコ滞在を選ばないのは、賃金が安く自国に仕送りできないからだ。「ここにいても稼げない」

メキシコ政府は支援の動き

11月末に退陣するメキシコのエンリケ・ペニャニエト政権は、10月に「ここはあなたの家」とする移民の支援策を発表。メキシコ南部チアパスとオアハカの2州にとどまることを条件に移民に一時滞在許可を出し、就労や教育、医療に関する支援を提供すると約束した。ところがメキシコ滞在を選んだのは3000人だけで、残りはアメリカ入国に望みをかけて旅を続けることを選んだ。

10月19日にグアテマラからメキシコの国境を通過した移民のうち、少なくとも2010人が「自主帰国」を申請したと、米紙ワシントン・ポストはメキシコ移民局(NMI)の報道官の話として伝えた。厳しい暑さのなか過酷な条件で歩き続けて疲弊し、さらなる北上を断念したのだ。

より良い生活を手に入れるためなら決意は揺るがない、と言う移民もいる。11月29日には600人超がメキシコの就労許可を申請したとメキシコ外務省は述べた。

「ここまで歩くのに15~20日間かかった。今来た道を帰るなど、あり得ない」と、26歳の女性はロイター通信に語った。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏の妹、脱北者の反北朝鮮ビラに警告 南北軍事

ワールド

米ウォルマートが一部店舗で火器の陳列中止、抗議運動

ビジネス

日経平均は小幅続伸、朝高後に利益確定売り 一時マイ

ビジネス

原油先物は反落、協調減産巡る不透明感で

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月