最新記事

ロシア

恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

Russian Cannibal Drank Victim's Blood From a Goblet

2018年11月26日(月)18時00分
クリスティナ・マザ

犯行は計画的だったと、検察は主張した Sami Sert/iStock.

<その青年は、『ハンニバル』並みに女の血を飲み脳を食べたという>

女性を殺害してその血を飲むなどしたとして罪に問われたロシア人の男が、裁判の最終陳述を「詩」で行った。

ドミトリー・ルチン被告(22)は11月20日、鉄格子に囲まれた被告人席で自作の詩を唱えた。彼は無罪を主張するとともに、裁判官に対し自分は「狂人でもなければ殺人犯でもなく、食人もしていない」と訴えた。また、自分は「学生でスポーツ選手で詩人」であり、「無実の男が刑務所に行くべきではない」と無罪判決を求めた。

だが詩で訴えたところで判事の心が動くはずもなく、ルチンは終身刑はまぬかれたものの、殺人と遺体を冒とくした罪で禁錮19年の判決を受けた。

捜査当局によれば、ルチンは被害者の40歳代の女性とともにワインを飲んでいたが、けんかになって女性を刺殺。そして脳など遺体の一部を食べたという。一部の報道では、被害者はルチンの交際相手だったとされている。

検察は殺人は計画的で、ルチンは過去の連続殺人への関心を強めていたと主張。ルチンは裁判の前には殺人を認めていたとの報道もある。

30人もの犠牲を出したとされるカップルも

ロシアで人肉食の犯行を問われるのはルチンが初めてではない。戦争と飢餓が長く続いた20世紀前半にはいくつもの事件が記録されている。また昨年、南西部クラスノダールでは複数の被害者に鎮静剤を投与し、生きたまま皮をはいだとしてカップルが逮捕・起訴された。

捜査当局によれば、このカップルは被害者の遺体の一部を食べるとともに、残りを冷凍したり塩漬けにして保存。2人の自宅ではびん詰めになった人間の手も見つかったと伝えられている。警察によれば犠牲者は30人に上る可能性もあるという。また、2人は軍の学校の厨房で働いており、兵士たちに出す食事にも人肉を使おうとした疑いが持たれている。

何人もの人を食べたとして逮捕されたロシアのカップル


2人は落とし物の携帯電話の中に、人体の一部を口にくわえた男の写真が入っているのが見つかったことがきっかけで逮捕された。

(翻訳:村井裕美)

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 2

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 6

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 7

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 8

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 9

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月