最新記事

ロシア

恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

Russian Cannibal Drank Victim's Blood From a Goblet

2018年11月26日(月)18時00分
クリスティナ・マザ

犯行は計画的だったと、検察は主張した Sami Sert/iStock.

<その青年は、『ハンニバル』並みに女の血を飲み脳を食べたという>

女性を殺害してその血を飲むなどしたとして罪に問われたロシア人の男が、裁判の最終陳述を「詩」で行った。

ドミトリー・ルチン被告(22)は11月20日、鉄格子に囲まれた被告人席で自作の詩を唱えた。彼は無罪を主張するとともに、裁判官に対し自分は「狂人でもなければ殺人犯でもなく、食人もしていない」と訴えた。また、自分は「学生でスポーツ選手で詩人」であり、「無実の男が刑務所に行くべきではない」と無罪判決を求めた。

だが詩で訴えたところで判事の心が動くはずもなく、ルチンは終身刑はまぬかれたものの、殺人と遺体を冒とくした罪で禁錮19年の判決を受けた。

捜査当局によれば、ルチンは被害者の40歳代の女性とともにワインを飲んでいたが、けんかになって女性を刺殺。そして脳など遺体の一部を食べたという。一部の報道では、被害者はルチンの交際相手だったとされている。

検察は殺人は計画的で、ルチンは過去の連続殺人への関心を強めていたと主張。ルチンは裁判の前には殺人を認めていたとの報道もある。

30人もの犠牲を出したとされるカップルも

ロシアで人肉食の犯行を問われるのはルチンが初めてではない。戦争と飢餓が長く続いた20世紀前半にはいくつもの事件が記録されている。また昨年、南西部クラスノダールでは複数の被害者に鎮静剤を投与し、生きたまま皮をはいだとしてカップルが逮捕・起訴された。

捜査当局によれば、このカップルは被害者の遺体の一部を食べるとともに、残りを冷凍したり塩漬けにして保存。2人の自宅ではびん詰めになった人間の手も見つかったと伝えられている。警察によれば犠牲者は30人に上る可能性もあるという。また、2人は軍の学校の厨房で働いており、兵士たちに出す食事にも人肉を使おうとした疑いが持たれている。

何人もの人を食べたとして逮捕されたロシアのカップル


2人は落とし物の携帯電話の中に、人体の一部を口にくわえた男の写真が入っているのが見つかったことがきっかけで逮捕された。

(翻訳:村井裕美)

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月