最新記事

ロシア

恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

Russian Cannibal Drank Victim's Blood From a Goblet

2018年11月26日(月)18時00分
クリスティナ・マザ

犯行は計画的だったと、検察は主張した Sami Sert/iStock.

<その青年は、『ハンニバル』並みに女の血を飲み脳を食べたという>

女性を殺害してその血を飲むなどしたとして罪に問われたロシア人の男が、裁判の最終陳述を「詩」で行った。

ドミトリー・ルチン被告(22)は11月20日、鉄格子に囲まれた被告人席で自作の詩を唱えた。彼は無罪を主張するとともに、裁判官に対し自分は「狂人でもなければ殺人犯でもなく、食人もしていない」と訴えた。また、自分は「学生でスポーツ選手で詩人」であり、「無実の男が刑務所に行くべきではない」と無罪判決を求めた。

だが詩で訴えたところで判事の心が動くはずもなく、ルチンは終身刑はまぬかれたものの、殺人と遺体を冒とくした罪で禁錮19年の判決を受けた。

捜査当局によれば、ルチンは被害者の40歳代の女性とともにワインを飲んでいたが、けんかになって女性を刺殺。そして脳など遺体の一部を食べたという。一部の報道では、被害者はルチンの交際相手だったとされている。

検察は殺人は計画的で、ルチンは過去の連続殺人への関心を強めていたと主張。ルチンは裁判の前には殺人を認めていたとの報道もある。

30人もの犠牲を出したとされるカップルも

ロシアで人肉食の犯行を問われるのはルチンが初めてではない。戦争と飢餓が長く続いた20世紀前半にはいくつもの事件が記録されている。また昨年、南西部クラスノダールでは複数の被害者に鎮静剤を投与し、生きたまま皮をはいだとしてカップルが逮捕・起訴された。

捜査当局によれば、このカップルは被害者の遺体の一部を食べるとともに、残りを冷凍したり塩漬けにして保存。2人の自宅ではびん詰めになった人間の手も見つかったと伝えられている。警察によれば犠牲者は30人に上る可能性もあるという。また、2人は軍の学校の厨房で働いており、兵士たちに出す食事にも人肉を使おうとした疑いが持たれている。

何人もの人を食べたとして逮捕されたロシアのカップル


2人は落とし物の携帯電話の中に、人体の一部を口にくわえた男の写真が入っているのが見つかったことがきっかけで逮捕された。

(翻訳:村井裕美)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月