最新記事

性犯罪

「暴力」がなければ「強姦」ではない!男寄りの判決相次ぐ

Court: Nonconsensual Sex Without Violence Isn’t Rape

2018年11月26日(月)17時30分
キャサリン・ハイネット

レイプの間中、携帯電話で撮影していた男5人が保釈されたことに抗議するデモ(マドリッド、2018年06月22日) Susana Vera-REUTERS

<レイプに「暴行(強姦)」と「虐待」の軽重があるスペインでは、抵抗できない女性に対する犯行や、犯行を録画していた「だけ」の加害者は、軽い刑で済んでしまう>

スペインの裁判所はこのほど、女性が同意していないのに性行為を強要、強姦の罪に問われていた男2人に対し、「暴力的」な行為がなかったとして強姦罪には相当しないとする判決を下した。

BBCによれば被害者は「性格的に弱かった」うえにアルコールを摂取していたため、被告らは暴力に訴えることなく性行為を行えたと判決文は指摘したという。

被告2人はおじとおいの関係で、性的暴行罪(強姦罪に相当)ではなく性的虐待罪でそれぞれ禁錮4年半の判決を受けた。BBCによれば、性的暴行罪が成立した場合、刑期は最長で15年になった可能性がある。

事件は昨年8月、スペイン東部カタルーニャ自治州リェイダ県で起きた。被告2人は被害者の女性とともにナイトクラブに行き、その後、女性を車の後部座席に連れ込んで性行為を強要したという。

公判で被害者は、男たちにやめるように頼んだと涙ながらに証言したとスペインの通信社エウロパ・プレスは伝えている。被害者は、やり返されるのが怖くて殴る蹴るの抵抗はできなかったという。

5人による集団暴行でも「性的虐待」

判決文によれば「被害者は弱い性格で、その上アルコールと抗うつ剤を摂取していたため、自衛能力が弱くなっていた可能性もある。犯行はそれにつけこんだもので、暴力的もしくは脅迫的な行為に及ぶ必要がなかった」。

そして暴力行為がなかったことから、性的暴行罪は適用できないと判断した。

4月にはスペイン北部パンプローナの裁判所が、女性に性行為を強要し、その一部始終を携帯電話で撮影した5人の男に対し、やはり性的暴行罪を適用しない判決を下した。

この判決に対して批判が高まったことからスペイン政府は7月、性的暴行罪の要件を定めた法律の改正を公約。BBCによればペドロ・サンチェス首相は議会に対し、改正法の下ではすべての当事者が明確に同意を示さなければならないと述べたという。「ノーと言えばそれはノーを意味するし、イエスと言わなかった場合もノーを意味する」と首相は述べた。

また、カルメン・カルボ副首相は改正法について「その人のセクシャリティに加え、意志と自由と尊厳」を守るものだと述べている。

エウロパ・プレスによれば、今回の2人の被告の弁護を担当したアグスティン・マルティネス弁護士は、控訴と保釈を求める意向を明らかにした。ちなみに同弁護士は、パンプローナの裁判でも被告らの弁護を担当したという。

(翻訳:村井裕美)

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月