最新記事

BOOKS

「パパ活」という言葉はマーケティング会議の中で生まれた

2018年11月20日(火)12時00分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<愛人契約や援助交際と何が違うのか。「ある種の希望」と「ある種の絶望」が感じられると『パパ活の社会学』著者は言うが......>

『パパ活の社会学――援助交際、愛人契約と何が違う?』(坂爪真吾著、光文社新書)は、近年よく耳にするようになった「パパ活」(女性が年上の男性とデートをして、見返りに金銭的な援助を受ける"活動")を考察した新書。

著者は、社会的な観点に基づいて現代の性問題の解決に取り組んでいる人物だ。本書は、以前取り上げたことのある『はじめての不倫学』(光文社新書)の続編にあたる(参考記事:「不倫はインフルエンザのようなもの(だから防ぎようがない?)」)。

パパ活に関わっている複数の男女にインタビューし、交わされる金額、年齢・職種についてなど、これまであまり明かされる機会のなかった「パパ活のリアル」を浮き彫りにしている。つまり机上の空論ではなく、緻密な取材に基づくファクトが軸となっているのである。

著者は最初、パパ活などという軽薄な言葉は、どこかのマーケターが考えた専門用語で、愛人契約や援助交際の単なる言い換えにすぎないと考えていたそうだ。その中で行われていることも、現代社会における男女間の経済格差や不平等といったシンプルな理由で説明できるだろうと。

ところが実際にパパ活の現場に出向き、そこで「活動」している男女の話を聞いてみた結果、事前に予想していたものとはまったく違った光景が見えてきたのだという。

だが結論から先に記しておくと、私にはその部分が理解できなかった。


 確かにパパ活の世界は、男性から金銭的援助を受ける見返りとして、女性が自らの時間と肉体を提供するという、愛人契約や援助交際と同列の世界であることは事実だ。
 しかし、そこは恋愛や結婚に関する既存の制度や規範によって苦しめられている男女にとって、「ある種の希望」を感じさせられる世界であった。
 それと同時に、既存の制度や規範を越えた先に待ち構える「ある種の絶望」を肌身で感じさせられる世界でもあった。(「はじめに」より)

具体的にいえば、上記の「しかし」以降の考え方が分からなかったのだ。著者を否定するという意味ではなく、緻密な取材によって「パパ活に関わる人々」の実態が生々しく浮き彫りになっているからこそ、彼らが考えていることの不可解さが際立ってしまったのだ。少なくとも、私の中では。

彼らにまつわる希望と絶望をうまく描き出すことができれば、現行の恋愛規範や結婚制度に適応できずに悩み、苦しんでいる多くの人たちの役に立てるのではないだろうかと著者は考えたそうだ。また、それが人間関係やコミュニケーションのあり方を捉えなおすひとつの契機となりうるのではないかとも。

ただ、「だからなぜパパ活なのか」が分からない。私の頭が固すぎるのかもしれないが、ここで取材されている人の言葉には、うなずけるものがほとんどなかった。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月