最新記事

中東

それでも「アラブの春」は終わっていない

An Earthquake Is Coming

2018年11月14日(水)16時00分
アムル・ダラグ(元エジプト計画・国際協力相)

トルコのサウジ総領事館前ではカショギ追悼集会が行われた Chirs MacGrath/GETTY IMAGES

<独裁者好きのトランプは民主主義をあざ笑うが中東全域に広がった民主化を求める声は圧政では消せない>

2011年に民主化を求める人々の声がアラブ世界を揺るがしたとき、心を動かされなかった人がいるだろうか。

市井の人々が腐敗と専制に立ち向かい、選挙で選ばれた政権の樹立を求めた。それはこの時代において最も希望の持てる市民の闘いの1つだった。チュニジアの野菜売りの青年の焼身自殺をきっかけに大規模な抗議のうねりが起き、アラブ諸国は次々に革命の波に洗われて、4人の独裁者が失脚した。

しかし、その後の展開は期待どおりにはいかなかった。新政権を担った各派の対立に加え、旧体制を支えた軍や情報機関の隠然たる力を十分に排除しなかったために混乱が拡大。疑心暗鬼に駆られた強権指導者の支配に道を開く結果となった。

伝統的に中東政治を牛耳ってきたエジプト、イラク、シリアに代わって、地域の盟主に名乗り出たのはアラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアだ。ジャーナリストのジャマル・カショギ殺害に対する各国の反応から明らかなように、少なくともサウジアラビアは、この新しい地位を利用しようとしている。

今や民主主義そのものの存続が危うい。とりわけ中東では芽生えかけた民主主義を専制政治が踏みつぶしているが、欧米諸国は見て見ぬふりだ。ドナルド・トランプ米大統領は軍部出身のエジプトのアブデル・ファタハ・アル・シシ大統領を称賛。サウジ政府とその事実上の指導者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子との戦略的絆を見直そうともしない。専制支配を容認する姿勢は中東の安定にも、アメリカの国益にも寄与しない。

実際、トランプはモラルリーダーとしてのアメリカの権威を弱めてきただけだ。アメリカの大統領が民主主義を嘲笑し、アラブ世界の独裁者の言い分にお墨付きを与えた。民主主義は必ずしも善ではないし、望ましいものですらないという言い分だ。

トランプが気まぐれで、その政策に一貫性がないのをいいことに、シシらはますます国民への締め付けを強化。自分たちに逆らう者を容赦なく殺している。特にシシは拉致や超法規的な殺人などやりたい放題だ。

記者の死を無駄にするな

中東の危機的状況に加え、中国の台頭とヨーロッパで高まる排外主義、経済の伸び悩みが混乱を招いているとすれば、今の世界に必要なのは確固たる理念を掲げたモラルリーダーだ。民主主義、言論の自由、国際社会のルールや国際法を支える原則。一歩も譲れぬこうした普遍的価値を守り抜かねばならない。

現状には希望も持てる。カショギの残虐な殺害に人々が怒りをあらわにしたことで、今でもまだ踏み越えてはいけない一線があることが分かった。多くの証拠から、外国で暗躍するサウジ殺人部隊がカショギを拷問して殺し、遺体を切断したことは明らかだ。こうした犯罪は国際的な基準、モラル、法律の全てに反し、加害者が裁かれなければ国際秩序が脅かされる。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月