最新記事

南北朝鮮

金正恩からもらった犬が子犬を出産、文在寅は「南北和平の兆し」と......

Kim Jong Un Gave South Korea Two Dogs, One Had Puppies

2018年11月13日(火)15時45分
トム・オコーナー

青瓦台の住人になった雌の豊山犬、コミと文在寅 SOUTH KOREA BLUE HOUSE

<南北首脳会談のときに贈られた北朝鮮原産の豊山犬は幸運を運んでくるか>

2018年9月の南北首脳会談後、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に贈った犬のつがいに子供が産まれた。11月12日に子犬の誕生をSNSで発表した文は、これが南北和平の良い兆しであることを願うと述べた。

金と文は9月に、3度目の首脳会談を行った。1950年の朝鮮戦争以降、南北首脳が顔を合わせたのは5回しかない。2018年、冷戦期を通じて敵対していた両国は、かつてなく活発な外交を行った。9月の首脳会談後、金は松茸2トンを韓国に贈ったが、そのとき一緒に贈られたのが、北朝鮮原産の猟犬である白い「豊山犬(プンサンケン)」のつがいだった。

webw181113-skdogs02.jpg金正恩が韓国に贈った豊山犬。雌のコミ(左)と雄のソンガン SOUTH KOREA BLUE HOUSE


11月12日の文の投稿によれば、母犬の名は「コミ」。11月9日に雄3匹、雌3匹の子犬を産んだという。

「犬の妊娠期間は約2カ月なので、コミは韓国に来たときすでに妊娠していたのだろう」と、文はツイートした。「2匹の贈り物に6匹が加わり、これは大変な幸運だ。南北関係にも幸運を願う」

AP通信は11月12日、韓国の国防相の話として、複数の軍用機でミカン200トンを平壌に空輸したと伝えている。9月の首脳会談後に送られた松茸2トンに対するお返しだという。 

「コミ」と雄の「ソンガン」は、3kg近くのドッグフードとともに、軍事境界線にある板門店に届けられた。その後、大統領府ですでに飼われていた保護犬「トリ」と猫の「ジンジニ」の仲間入りをした。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月