最新記事

南北朝鮮

金正恩からもらった犬が子犬を出産、文在寅は「南北和平の兆し」と......

Kim Jong Un Gave South Korea Two Dogs, One Had Puppies

2018年11月13日(火)15時45分
トム・オコーナー

青瓦台の住人になった雌の豊山犬、コミと文在寅 SOUTH KOREA BLUE HOUSE

<南北首脳会談のときに贈られた北朝鮮原産の豊山犬は幸運を運んでくるか>

2018年9月の南北首脳会談後、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に贈った犬のつがいに子供が産まれた。11月12日に子犬の誕生をSNSで発表した文は、これが南北和平の良い兆しであることを願うと述べた。

金と文は9月に、3度目の首脳会談を行った。1950年の朝鮮戦争以降、南北首脳が顔を合わせたのは5回しかない。2018年、冷戦期を通じて敵対していた両国は、かつてなく活発な外交を行った。9月の首脳会談後、金は松茸2トンを韓国に贈ったが、そのとき一緒に贈られたのが、北朝鮮原産の猟犬である白い「豊山犬(プンサンケン)」のつがいだった。

webw181113-skdogs02.jpg金正恩が韓国に贈った豊山犬。雌のコミ(左)と雄のソンガン SOUTH KOREA BLUE HOUSE


11月12日の文の投稿によれば、母犬の名は「コミ」。11月9日に雄3匹、雌3匹の子犬を産んだという。

「犬の妊娠期間は約2カ月なので、コミは韓国に来たときすでに妊娠していたのだろう」と、文はツイートした。「2匹の贈り物に6匹が加わり、これは大変な幸運だ。南北関係にも幸運を願う」

AP通信は11月12日、韓国の国防相の話として、複数の軍用機でミカン200トンを平壌に空輸したと伝えている。9月の首脳会談後に送られた松茸2トンに対するお返しだという。 

「コミ」と雄の「ソンガン」は、3kg近くのドッグフードとともに、軍事境界線にある板門店に届けられた。その後、大統領府ですでに飼われていた保護犬「トリ」と猫の「ジンジニ」の仲間入りをした。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月