最新記事

米利回り

債務膨張と利回りの上昇で、究極の選択を迫られる米予算

US Will Soon Spend More On Interest Than Medicaid 

2018年11月12日(月)15時30分
ベンジャミン・フィアナウ

ワシントンの米財務省ビル  Brian Snyder-REUTERS

<歳出拡大と大型減税を自画自賛するトランプ政権だが、債務超過で将来へのツケは嵩む一方だ>

米連邦政府の債務がこのまま膨張し続ければ、利払いを賄うために米議会は医療か教育への歳出を減らさざるを得なくなると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは報じた。

2017会計年度における連邦債務の利払いは2630億ドルで、米政府予算の6.6%、GDP(国内総生産)の1.4%に達している。米議会予算局(CBO)は、利払いは2028年までに9150億ドル、対GDP比で約3.1%に跳ね上がると予想する。

しかし歳出は増える一方。米議会は今後2年で歳出上限を3000億ドル増やす、という予算関連法を2月に成立させたし、トランプ政権も昨年、大型減税の実施に踏み切った。米議会はじきに、メディケイド(低所得者向けの医療保険制度)や国防費やその他支出を削って、国債の利払いに回すしかなくなる。

トランプの1.5兆ドルの大型減税と議会が決めた3000億ドルの歳出上限上積みが、財政赤字の膨張に拍車をかけていると、アナリストは言う。だが今回はそれと同時に、米国債の利回り上昇が追い打ちをかけている。

このままいけば、米政府の利払いは2020年までにメディケイドの予算、2023年までに国防費を抜き、2025年までには国防費を除くすべての任意の政府事業を合わせた予算総額を超えてしまう。

ほかの連邦予算にシワ寄せ

しかも今後5年で米国債残高の約70%は満期を迎え、米政府はより高い金利で借り換える必要に迫られる。

「米連邦予算の利払いが最も急速に膨らんで、子供関係の歳出などほかの重要な予算を圧迫しようとしている。どんな支出にも躊躇することになるだろう」と、超党派の米非営利組織「責任ある連邦予算委員会」(CRFB)のマヤ・マクギニアス会長はウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

アメリカの政府債務は対GDP比で急増しており、今後10年でさらに増えると予測されている。2018年末でGDP比78%という比率でさえ第2次大戦以降で最も高い水準だが、CBOによれば、それが2028年までに96.2%へと膨れ上がる見通しだ。

米財務省は10月、2018年の政府の借入が前年度の2倍強の1兆3400億ドルに達する見通しだと発表した。2010年以来の高水準だ。

同省によれば、その原因を、2018会計年度は国債の利払い負担が前年比620億ドル(20%)増加したため、としている。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ロシア、日本人ジャーナリストを追放 軍事機密入手を

ワールド

IS、イスラエル攻撃呼び掛け トランプ氏の中東和平

ワールド

新型肺炎で中国主席と緊密に連携、いかなる支援も提供

ビジネス

新型コロナウイルスは撲滅可能、原油市場を注視=サウ

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 8

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 9

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月