最新記事

ドイツ

メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

Angela Merkel Failed

2018年11月12日(月)11時50分
ヤンウェルナー・ミュラー(プリンストン大学政治学部教授)

メルケルはビジョンある政治家というより、テクノクラートのようだった HANNIBAL HANSCHKE-REUTERS

<難民・移民の受け入れが人気凋落の発端と思われているが......。国家のビジョンを示さず官僚的であり続けたメルケルは、ユーロ危機と移民危機を経た欧州を立て直せなかった>

イギリスの政治家イノック・パウエルは、こう語ったことがある。「政治家は順風満帆なうちに引き際を見極めないと、惨めな最後を迎えることになる」

ドイツのアンゲラ・メルケル首相には、この法則は当てはまらないようだ。メルケルは地方選連敗の責任を取って、キリスト教民主同盟(CDU)の党首を退任すると表明した。彼女の順風満帆な時期はとうに過ぎ去っているが、それでも引き際を評価する声が聞こえる。

首相職は2021年の任期切れとともに退任すると表明したが、それまでその座にとどまれるかどうかは分からない。社会民主党(SPD)が連立を離脱して総選挙が実施されれば、引退の日はもっと早く訪れる。

彼女は2005年の首相就任以来、高い指導力を維持しているように見える。ただし、重大な例外が1度だけあった。2015年秋、中東から押し寄せた数十万人の難民・移民に門戸を開いたときだ。

これがメルケル人気凋落の発端と思われているが、後に振り返れば、その勇気と情にあふれた決断は称賛されるかもしれない。任期全体への肯定的な評価に疑問を持たせる要因があるとすれば、メルケルの長期政権が国内政治にもたらした影響とEU改革での指導力不足だろう。

政党乱立を招いたといった問題以上に、メルケルがドイツ政治に及ぼした重大な影響がある。ドイツの政治学者フィリップ・マノーが言うように、彼女が強い政党の後ろ盾を得た首相というより、「官僚トップ」のような存在だったことだ。金融危機など数々の危機に直面した時期には、行政機関への権力集中も受け入れられやすかった。

政治家にはカリスマ性が必要と言われるが、メルケルはむしろ受け身で、冷淡に見えることさえあった。彼女は国民に再選支持を訴えたとき、こう言ったことがある。「皆さん、私のことをよくご存じですから」

しかし大半の国民は、彼女を「知らなかった」ようだ。分析力に富む官僚として頼りにしていたが、国家のビジョンを示す政治家とは見ていなかった。

メルケル政権が順調だったのは、基本的には国庫が潤沢だったからだ。それが前任のゲアハルト・シュレーダーが行った労働市場や社会保障改革のおかげだったかどうかは、議論の余地がある。しかし、メルケルが行政府の権力行使に対する監視をあまり受けずに済んだのは確かだ。税収が増えている限り、不満は出にくい。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米コストコ、四半期売上高が予想上回る 買いだめ需要

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

ユーロ堅調、リスク選好改善で=NY市場

ビジネス

米株反落、大統領令巡りツイッター・FB株が下落

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    NEWS手越祐也「活動自粛」に見るジャニーズ事務所の危…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月