最新記事

インド

病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

4-year-old Girl Gang-Raped While in ICU for Snake Bite

2018年11月6日(火)16時30分
デービッド・ブレナン

4月15日、ニューデリーで8歳の少女がレイプされた事件に抗議する集会に、人形と参加する10歳児 Cathal McNaughton-REUTERS

<「レイプ大国」インドで、またあり得ない性犯罪か>

4歳の少女がインド北部の病院で治療中に集団レイプに遭ったとの通報を受け、警察が捜査に乗り出した。

AP通信によると、事件が発生したと見られるのは11月3日(現地時間)。場所は、ウッタル・プラデーシュ州の州都ラクナウから南西に250kmほど行ったところにある町バレーリーの医療センターだ。少女がのちに何をされたかについて祖母に話し、警察が翌日4日に捜査を開始した。

少女は、3日夜に一人で集中治療室にいたときに、そこで働く従業員1人を含む5人にレイプされたと話している。少女はヘビに噛まれて病院に運び込まれ、4日間にわたって治療を受けていた。日刊紙インディアン・エクスプレスによると、レイプされた際、少女は人工呼吸器をつけていたという。

警察は監視カメラの映像を確認中で、すでに男性1人の身柄を拘束したと話している。容疑者の捜査を引き続き行うとともに、少女が病棟でひとりきりになった理由についても調査中だ。

インドでは近年、残虐な性的暴行事件が相次いでおり、政府も対応を迫られている。もっとも悪名高いのが、2012年にニューデリー市内を走行しているバスの中で女子学生が集団レイプに遭って殺害された事件だ。この事件をきっかけに、性的暴行の厳罰化と女性の保護強化を求める声が上がった。

なかでも子どもに対する性的暴行の多発には市民の怒りも激しく、抗議デモも起きている。こうした不満に応え、インド政府は2018年4月、12歳以下の子どもに対する性的暴行で有罪になった者は死刑にすることを承認したばかりだった。

しかしいくら厳罰化しても、インドの司法制度は円滑とは言い難い。法の裁きが下るまでには何年もかかる。2018年4月のロイターによれば、裁判を待つレイプ事件は13万3000件以上に上り、2012年の約10万件より増えている。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>


MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 5

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 6

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月