最新記事

フィリピン

ボラカイ島が観光客受け入れ再開、もう行っても大丈夫?

Can I Go to Boracay? Tourist Paradise Reopens

2018年10月29日(月)15時48分
デービッド・ブレナン

ボラカイの夕陽を見てはしゃぐ観光客(10月26日) Ronn Bautista-REUTERS

<フィリピン政府は島に受け入れる観光客の数を制限し、他にも多数の禁止事項を設けている>

水質汚染が深刻化し、浄化作戦のため一時閉鎖されていたフィリピン中部の人気観光地ボラカイ島が10月26日、半年ぶりに観光客の受け入れを再開した。フィリピン政府は受け入れる観光客の数を制限し、生態系を保護するための厳しい規制を新たに設けた。

手つかずのビーチがあるリゾート地として知られるボラカイ島は、今年4月に閉鎖されるまで、毎年約200万人の観光客が訪れ、13億ドルの観光収入を得ていた。

閉鎖のきっかけは、島のリゾート施設近くの海に下水や排水が垂れ流される様子を映した動画がインターネットで広まったこと。フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が2月、ボラカイ島は「汚水溜め」になったと批判し、閉鎖を宣言した。

フィリピン政府は観光再開後、1日に受け入れる観光客数を6405人までに制限し、新たな規制に従う宣誓書への署名を観光客全員に求める、とAP通信が報じた。島に滞在できる観光客は常時わずか1万9200人に制限される、と英紙ガーディアンは報じた。

新たな規制には、ビーチでのゴミ捨て、飲酒、喫煙、焚火、ビーチでのパーティーの禁止も含まれる。水泳以外のマリンスポーツも、当局が生態系への影響を評価するまで当面禁止される、とガーディアンが報じた。ドゥテルテの命令で島にある3つのカジノは今も閉鎖されており、娯楽業界が猛反発している。

島の雇用に打撃

閉鎖期間中に、下水処理設備が整備され、約1000件の違法な建物も撤去された。島に何百件とあったホテルや簡易宿泊所、レストラン、商店のうち、新しい規制をクリアして営業再開を許可されたのはわずか157件。これらの施設の下水は今では当局が認可した下水管につながり、海から少なくとも30メートル離れた場所に建つ。

だが観光業の規模はまだ閉鎖前には及びもつかず、失業した約2万人の労働者のごく一部しか復職していない、とAP通信は報じた。

当局による立ち入り検査で、海に違法に汚水を垂れ流す下水管の存在や、立ち入り制限されている湿地帯に2件のホテルが建設されていたことが明らかになった。

17人の島の関係者が、注意義務を怠って環境災害をもたらしたとして責任追及された。市長は停職処分、ほかの16人も職務怠慢を理由に処分された。

島の観光再開を記念する式典には、フィリピン政府関係者や著名人が参列した。ベルナ・ロムロ・プヤット観光相は、浄化作戦後の島を訪れるお人々に向けたメッセージでこう呼び掛けた。「この島を私たちの家と思って大切にしよう。きれいで手つかずのまま守ろう。ビーチでの飲酒や喫煙、ゴミ捨ては厳禁だ」

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月