最新記事

事故

インドネシアの格安航空機、離陸わずか10分後に墜落 過去にも事故起こしていたライオン航空

2018年10月29日(月)15時40分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシアのライオン航空機が墜落したと見られる海域に航空燃料とみられるものが漂っている。Antara - REUTERS

<船舶事故が相次いでいたインドネシアで今度は格安航空機が墜落。意外にも事故機はボーイングの最新機種だった──>

インドネシアの首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港を10月29日午前6時半過ぎ(日本時間同日午前8時半過ぎ)に離陸したジャカルタ発バンカ島・パンカルピナン行き格安航空「ライオン航空」610便が離陸直後に地上管制官との間で交信が途絶える事態が発生、その後航空当局は同便がジャワ海に墜落したことを確認したと発表した。

同機には子供3人を含む乗客181人と乗員7人の合計188人が搭乗していたとみられ、墜落現場の海上で現在捜索活動が続いている。

インドネシア運輸省や航空当局、救難当局などによると610便は同日午前6時33分(日本時間同日午前8時33分)にスカルノ・ハッタ空港を離陸、離陸後左旋回しながらジャカルタ上空を高度を上げながら飛行、ジャワ海上空に出て目的地に向かうためさらに左に旋回する前に急激に高度を下げ、地上との交信が突然途絶えたという。

その後、ジャカルタの北東にある西ジャワ州カラワンにあるタンジュン・ブンギル港の北約7マイル(約10キロ)付近の海上に航空機の残骸とみられるものが浮遊しているのを付近の船舶が発見。海上保安当局や救難当局が航空機や艦船を現場に急派して確認と捜索救助活動を始めているという。

日本外務省は同機に日本人乗客をいないことを確認したが、インドネシア政府に近い消息筋が「乗客はすべてインドネシア国籍だが、日系とみられる乗客がひとりいる」と語ったという情報もある。

現地のテレビなどの映像からは墜落現場とみられる海上には航空燃料と思われる油が一面に浮かび、航空機の一部とみられる部品や乗客の所持品とみられる黒いカバンが回収されている様子が確認できる。しかしこれまでに現場に到着した救助部隊などによると、生存者救出の情報はこれまでのところないという。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月