最新記事

異常気象

記録的猛暑の欧州 犬は靴をはき、原発は止まる...

2018年8月8日(水)13時16分
モーゲンスタン陽子

異変がつづく今年の猛暑 euronews-Youtube

<8月に入っても猛暑がつづくヨーロッパ各所で、さまざまな異変がおきている>

世界的な猛暑が続いている今年の夏。ヨーロッパでは4日、ポルトガル中部で46.4度、スペイン南部で45.1度を記録した。ヨーロッパの過去最高気温である1977年のギリシャでの48度には及ばなかったものの、各地で熱中症死者や山林火災などが続出。まだまだ警戒が必要だ。

熱波と干ばつで深刻な作物不足となり、農家や経済への影響も心配されている。そんななか、ヨーロッパ各地でふだん見られないようなめずらしい現象や活動もおこり、人々を驚かせている。

動物園のご飯はアイス、犬は靴を着用

まず、3日の記事にもあったとおり、スウェーデンでは北部のケブネカイセ山で、国内最高峰とされる南側の山頂部を覆っていた氷河が溶けて標高が約4メートルもダウン、もはや最高峰ではなくなってしまった。地球温暖化の象徴のような出来事だ。

ドイツ北東部のエルベ川では、干上がった川底から第二次世界大戦の弾薬がみつかり、警察が警戒を呼びかけている。ヨーロッパ北部のバルト海では水温の上昇により毒性のある海藻が大繁殖。沿岸のスウェーデン、ポーランド、リトアニアなどの人々は、いくら暑くても海水浴に行けない状況だ。



暑さに苦しんでいるのは人間だけではない。BBCによると、フランス南西部の動物園では、肉食獣に血のシャーベットや凍らせたミートボールを、草食獣には凍らせた果物ミックスなどを与えている。ロンドン動物園で人気者のゴリラは、くるみやひよこ豆、砂糖なしの果物のアイスがお気に入りのようだ。

水温が27度以上になると、ほとんどの水中生物は生存できない。スイスでは、先週水温が25度に達したドイツ・オーストリア国境のコンスタンツ湖(ボーデン湖)で業者が魚を冷たい水に集める努力をしている。またスイスの警察犬は、「オペレーション・ホット・ドッグ」というプロジェクトで、加熱した道路のとろけるようなアスファルトから足を保護するために靴を履かせてもらったようだ。スイス警察は一般家庭の犬にも靴を着用させることを奨励している。警官もTシャツとショートパンツの軽装になった。



さらに、オランダの高速道路は、高温で熱せられたアスファルトが溶けたことで、一部が閉鎖となり、フランスの原子炉は、冷却水として取水し、使用後に川に放出することで、川の水温がさらに上昇することを防ぐために、原子炉4基が停止した。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月