最新記事

人権問題

ベトナム、人権活動家に禁固20年 最高刑判決にみる政府の焦り

2018年8月23日(木)12時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)


裁判の様子を伝える現地メディア  TRUYỀN HÌNH THÔNG TẤN - VNEWS / YouTube

有罪の証言は偽証の疑いも

ルオン被告の弁護士ハ・フイ・ソン氏は今回の判決について「国家転覆容疑を証明する証拠は何もなく、全く不当な判決である」と批判している。

同弁護士は裁判では証人2人の証言だけが有罪の根拠とされたものの、証人は後に「治安当局者に殴られて(ルオン被告に不利で有罪となるような)証言を強要された」と告白していると指摘。偽証の疑いがあるとして証人2人の再喚問を裁判所に要求した。

しかし地元警察は裁判所に対して証人2人はそれぞれ喉を傷めていたり、激しい胃痛に襲われていたりしてとても裁判所に出廷して証言することは困難である、と回答。結局再喚問は実現しないまま判決が言い渡されたという。

また、海外を拠点に活動する別の弁護士グエン・バン・ダイ氏はBBCベトナムなどに対して「ルオン被告は全国的には無名だが、地元ゲアン省では名の知られた活動家で台湾企業による工業排水の海洋汚染問題に熱心に関わっていた。そして漁民への漁業補償問題を追求し、それをFaceBookなどで国際社会に発信するなど幅広い活動を続けてきた人物である」と述べ、長年のそうした社会的活動が地元当局の目に触れたことで、ベトタンとの関係を利用した逮捕、そして禁固20年という重い判決になったとの見方を伝えた。

ダイ弁護士もルオン被告と同様にゲアン省の警察に「国家転覆容疑」で2015年に逮捕され、17年には禁固15年の有罪判決を受けている。しかし幸いなことにドイツ政府と多くの支援団体、活動家の働きかけによって18年初めに「ドイツへ強制退去処分」となり、現在ではドイツで市民権を得てベトナム国内の政治犯や活動家の支援活動を続けている。

黙秘を続けるルオン被告

被告弁護団によるとルオン被告は一貫して法廷では黙秘を貫いた。不要な発言で言質をとられ事態がさらに悪化することを防ぐためという。「法廷内では常にルオン被告は冷静沈着かつ寡黙で、裁かれているのが一体誰なのかわからないほどだった」(弁護団の一人ダン・ディン・マン弁護士)という。

今回重い判決がでたことについて弁護団は「他の活動家への見せしめ、警告の意味がある判決といえるだろう」と話している。そして「今やベトナムは東南アジアで最も政治犯の多い国になってしまった」と警察、省当局、中央政府を厳しく批判している。

ベトナムでは8月9日にインターネットを通じて主にベトナム人女性の人権問題を追及していた女性活動家フイン・トゥク・ヴィーさんが突然逮捕される事件も起きる(「ベトナム女性人権活動家、突然の拘束 報道・言論の自由への道なお険しく」)など、人権状況が次第に厳しい状況となっている。

国際的な人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のアジア副代表、フィル・ロバートソン氏は8月15日に声明をだし「ルオン被告の即時釈放」を要求した。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 2

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 5

    韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    経団連が雇用保険を使った「氷河期世代」救済に反対…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    チョ・グク法務部長官の任命をめぐる世論の動向

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 7

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 8

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 9

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月