最新記事

米朝関係

北朝鮮「非核化の意思」は本当か、試されるトランプ外交の成果

U.S. Softens North Korea Demands

2018年7月6日(金)16時30分
ジェイソン・レモン

平壌へ向かう途中、日本の横田基地に立ち寄ったポンペオ Andrew Hamik/REUTERS

<非核化が掛け声にとどまるなか、トランプ政権が金正恩に騙されたのではないかという証拠が次々と明らかに。今日から訪朝するポンペオ米国務長官は非核化を具体的に進められるか>

米朝首脳会談で北朝鮮が合意した非核化の目標に対して、アメリカが徐々に態度を軟化させている。マイク・ポンペオ米国務長官が7月6日から訪朝するが、アメリカはこれまでの「全部かゼロか」という姿勢から一歩後退した。

先月12日にシンガポールで実施された米朝首脳会談の以前、ポンペオは「CVID(Complete, Verifiable, Irreversible Dismantlement: 完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)」以外は受け入れない、CVIDが達成されるまで経済制裁は緩めない、と主張していた。

しかし今週国務省が出した声明では、韓国のアドバイスを受けて、非核化の基準は「FFVD(Final, Fully Verified Denuclearization:最終的かつ完全に検証された非核化)」と、幾分緩やかなものに後退している。

国務省は態度の軟化を否定する。国務省のヘザー・ノウアート報道官は本誌の取材に対して、「(アメリカの)北朝鮮に対する政策は変化していない。非核化を目指している」と語った。

トランプ政権は米朝首脳会談の成果を自ら称賛しているが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、厳密には「朝鮮半島の非核化に向けて努力する」という合意しかしていない。専門家によれば、シンガポールで交わされた合意文書は、過去に交わされた友好文書からほとんど前進していない。

しかし米情報機関の報告書などから、北朝鮮は核とミサイル施設の開発を継続し、トランプが言ったようには施設を破壊していない、と見られている。このためアメリカ側の多くの人々が、今後の非核化交渉の進展に疑問を持ち、このままでは北朝鮮が核を保有したままになるという深刻な結果をもたらすのではないかという疑念を抱いている。

米政府関係者はロイター通信に対して、これまでの交渉では大きな前進はなく、米朝共同声明の中のカギとなる文言を定義することすら困難だと語っている。

継続中の米朝交渉についてオランダ・アムステルダム在住のアメリカ人コンサルタント(グローバル安全保障、開発援助が専門)ベアトリス・マネシは、北朝鮮はこれまで国際的合意を何度も反故にしてきた過去がある、と指摘する。

「トランプ政権は、過去を認め現状を直視することを拒否している。トランプの安っぽい手品で世界平和が破壊されるかもしれない」と、マネシは言う。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月