最新記事

貿易戦争

中国、トランプ政権の通商政策対抗でEUに連携働き掛け

2018年7月4日(水)08時30分

 7月3日、中国が今月の中国・欧州連合(EU)首脳会議でトランプ米大統領の通商政策に対する力強い共同声明を採択するよう欧州側に圧力を掛けていることが欧州当局者の話で明らかになった。上海で2016年9月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

中国が今月の中国・欧州連合(EU)首脳会議でトランプ米大統領の通商政策に対する力強い共同声明を採択するよう欧州側に圧力を掛けていることが欧州当局者の話で明らかになった。

中国とEUは今月16─17日に北京で首脳会議を開催する。これに先立ちブリュッセル、ベルリン、北京などで実施された協議で、王毅外相を含む中国高官がEUとの連携を提案。一段の市場開放に努める方針を示すと同時に、双方が世界貿易機関(WTO)を通して米国に対し協調行動を起こす案も提案した。

ただ、複数のEU当局者、および外交官はロイターに対し、EU側は米国に対抗するために中国と連携する案を退けたことを明らかにした。

中国の国営メディアは、EUが中国側に付いているとのメッセージを盛んに伝えているが、2016年と17年の過去2回の中国・EU首脳会議では領海問題や通商問題などを巡る見解の相違が埋められず、声明は採択されていない。欧州の外交官は「中国はEUが中国と連携して米国に対抗することを望んでいるが、EUにその意向はなく、中国側にその旨を伝えている」と語った。

ロイターは中国外務省に対しEUとの首脳会議の目的に関してコメントを求めたが、今のところ回答は得られていない。

トランプ米政権はEUにも鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を適用し、自動車に対する関税措置も検討している。ただそれにもかかわらず、EUは中国の閉鎖的な市場などを巡る懸念を米国と共有。外交筋は「米国が中国に持っている不満のほぼ全てについてEUは同意している。EUが同意できないのは、米政権の対処法にほかならない」と述べた。

中国が示しているスタンスは、同国が米中貿易戦争を深く懸念していること、さらに自由貿易、気候変動、外交政策などを巡り米国と欧州、カナダ、日本などの同盟国との間で亀裂が拡大する中、主導権を取ろうとする新たな大胆さを示しており、欧米間の経済・安全保障上の深い関係を踏まえると驚くべきものがある。

中国との折衝に当たっている欧州当局者は「トランプ氏は西側を分裂に追い込んだが、中国はこうした状況から利益を得ようとしている。中国は西側が一枚岩となっていることに満足したことは一度もなかった」と指摘。「中国は現在、通商や人権など多くの面でEUの分断化に向け揺さぶりを掛けられると考えている」と述べた。

当局者は、前月にカナダで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)について、少なくとも通商問題で欧米が対立したことで中国への「贈り物」になったと指摘。欧州の外交官は、トランプ大統領の「米国第一主義」に対抗するため、志を同じくする国を求める中国の切迫感を昨年から感じていたと述べる。

中国が今回のEUとの首脳会議に先立ち示している提案について、別のEU外交官は「開放に向けた提案がどこまで本物なのかは判断できず、システミックな変化につながるものではない可能性がある」と指摘。EU当局者は、今回のEU・中国首脳会議の声明について、多国間貿易システムに対するコミットメントをうたい、WTOの改革に向けた作業部会の設置を確約するにとどまるとの見方を示している。



[ブリュッセル/ベルリン 3日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月