最新記事

W杯

W杯ドイツ代表監督「韓国に負けるとは思わなかった」

2018年6月29日(金)15時00分
アビナフ・キニ

長らくドイツ代表監督を務め「名将」とうたわれるレーブだが Carl Recine-REUTERS

<前回優勝のドイツが韓国へのショッキングな敗北によって一次リーグで敗退した衝撃を、「名将」レーブ監督が語る>

ワールドカップ(W杯)ロシア大会の一次リーグで韓国に0-2で敗れ、グループ最下位での敗退が決まったドイツは、ヨアヒム・レーブ代表監督が辞任まで示唆する事態になっている。

ドイツは一次リーグ・グループFの初戦で1-0でメキシコに敗れ、大荒れのスタートを切った。2戦目の対スウェーデン戦では、後半のアディショナルタイムに追加点を入れ、2-1で辛くも逃げ切った。前回W杯で優勝しているドイツは、決勝トーナメント進出のため、すでにグループリーグ敗退が決まっていた韓国に、3戦目で勝たなければならなかった。

しかしドイツは、韓国のディフェンスを破ることができず、後半アディショナルタイムにDF(ディフェンダー)キム・ヨングォンに先制点を奪われた。この攻撃は当初オフサイドと判定されたが、今回の大会から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が得点を認めた。

同時に行われていたスウェーデン対メキシコの試合で、スウェーデンがグループ首位のメキシコを3-0でリードしていたため、ドイツはここで総攻撃に出る。しかしGK(ゴールキーパー)マヌエル・ノイアーが韓国サイドでボールを失い、韓国FW(フォワード)ソン・フンミンがキーパー不在のドイツゴールにボールを押し込んでとどめの1点を入れた。

W杯では、過去5回の大会のうち4回で、前回優勝チームが一次リーグで敗退している。しかし、ドイツが一次リーグで敗退するのは旧西ドイツ時代も含めてこれが初めて。このため、レーブ監督の進退問題が浮上している。

勝つ気満々、傲慢だった

58歳のレーブは、2022年までの契約延長を5月に済ませたばかり。しかし一次リーグ敗退を受けて、監督ポストに今後も残るかどうかの表明を拒否している。

2020年の欧州選手権でも監督をつとめるかどうか聞かれたレーブは「その質問に答えるのはまだ早過ぎる」と語った。「様々な事情を検討するのにもう少し時間がかかる」

「自分のなかで失望が大きい。韓国に負けることは想像できなかった。うまく行かなかったことにショックを受けている。失望感がとても大きく、まだ何か言う段階ではない。これからどうするか――少し時間をかけて静かに話し合いたい」

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 6

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 7

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 8

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月