最新記事

動物

頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

2018年6月15日(金)17時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

World Live-YouTubeより

<ネットをざわつかせている「鳥魚」に、専門家が解説。鳥なのか魚なのか......はたまたイルカなのか>

中国南西部貴州省の川で釣りに興じていたある男性は、目を疑った。まさか自分の釣り針に、鳥のような頭部を持った魚がかかるとは予想しなかった。

水面から姿を現したのは淡水魚のはずだが、頭部はどう見ても鳥やイルカに似ていると、英ザ ・サン紙は伝えている。一体、正体は何なのか。地元紙の貴州都市報は、この生き物が鯉で間違いないと特定した。

(インコと比べてみた)


なぜこんな姿に?

それでも、奇妙な生き物をめぐる論争はやまない。くちばしのような口部と小さな翼にさえ見えるヒレ。見ようによってはイルカやペンギンの様相さえある。ニュースサイト「ライブ・サイエンス」によると、奇形の淡水魚が見つかることは珍しくないという。さらに記事では、英リバプール大学の動物生理学者アンドリュー・コッシンズが万が一にも、ネットで囁かれている「鳥魚」説はありえないと言いきっている。

コッシンズの見解では、この鯉の鳥のようなくちばしとドーム型の頭部は、欠陥のある細胞が増殖したせいだという。頭部の骨格系の変形でできた腫脹が、口を下に傾ける原因になった可能性が高い。

また奇形を引き起こした原因については、「写真のみで奇形の原因を判断することは難しい」としたうえで「100%、汚染物質が原因とは言いきれない」と指摘。しかし、魚の遺伝子突然変異、そして正常な細胞増殖を妨げる要素として、水質の汚染を想定することは合理的だとし、この鯉も「奇形が頭部だけに限られているのはおかしい」と言っている。

「鳥魚」の行方は

いずれにしても、この「鳥魚」の奇形は、通常の鯉として生活するには問題はないものだという。頭部以外は、ごく普通の鯉と同じような大きさで、健康状態も良さそうだ。逆に超大型の頭部のせいで、神経がダメージを受けた場合は、呼吸や摂食に問題を抱え、体の成長は滞ってしまうそう。コッシンズは「その鯉は、まともな鯉生を送っていたことだろう」と推測する。

気になるのは「鳥魚」の行方だが、陸で写真撮影に時間を割かれながらも、川に帰され元気に泳いで行ったと、メトロ紙が伝えている。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

日欧EPA調印、「自由貿易前進の意思示す」と安倍首

ビジネス

アングル:金融庁、新3局体制が始動 総合政策局が司

ワールド

焦点:米中摩擦がロシアなどに恩恵、黒海周辺の穀物輸

ビジネス

ANA、8月欠航は国内線378便 年内に改良型エン

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝ち組と負け組」

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    悪夢は終わらない? トランプ、2020年に再選目指す意…

  • 6

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 7

    希少な新種オランウータンの双子発見! インドネシ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 7

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 8

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 9

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 10

    戦慄の実話! 悪夢と化した「憧れの田舎暮らし」 …

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月