最新記事

日本社会

都心部でも見直される、お金を使わない「非貨幣経済」

2018年6月14日(木)15時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

同じやり方で、47都道府県の非貨幣経済指数を計算してみた。<表2>は、高い順に並べたランキングだ。

maita180614-chart02.jpg

トップは鹿児島で、長野、高知がそれに続く。長野では、米を親戚や知り合いに譲渡する「縁故米」が盛んだという。上位には西日本の県が多く、地図にすると西高東低になる。

常識的には、非貨幣経済指数は農村県で高く都市県で低いと考えられるが、必ずしもそうではない。東京の値は、全国値を上回っている。都心部で不要物資を放出するフリーマーケットが多く開かれ、ITに強い若者が需要と供給を上手く結びつけて廉価の売買の場を創出していることなどが背景として考えられる。

「貰う」「共有する」「拾う」「助け合う」「育てる(自家栽培)」といった、貨幣を媒介としない非貨幣経済の効用を見直したい(鶴見済『0円で生きる―小さくても豊かな経済の作り方―』新潮社、2017年)。食品ロスに象徴される大量生産の無駄を活用できるし、人と人とのつながりが必然的に生じる。「お金を使わないと人間関係がどんどんできる。お金は協力的な人間関係を省略する」という、鶴見済氏の指摘は実に的を射ている。(毎日新聞、2018年5月18日)。

それは、煩わしい「濃すぎる」人間関係とは異なる。必要な時だけ助け合う、自発的な「緩い」人間関係だ。そんな人間関係は今、都市部でも求められている。

<資料:総務省『全国消費実態調査』(2014年)
    総務省『小売物価統計調査』(2014年)
    厚労省『国民健康・栄養調査』(2012年)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月