最新記事

交渉の達人 金正恩

金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

2018年5月23日(水)17時23分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

北朝鮮としては経済援助くらいで核を手放すわけにはいかない KCNA-REUTERS


180529cover-150.jpg<果たして米朝首脳会談は中止に終わるのか。もしもすべてが金正恩の思惑どおりだとしたら......。金正恩の交渉力に迫る本誌5/29号特集「交渉の達人 金正恩」より>

北朝鮮が米朝首脳会談を中止する可能性を示唆したことは、一部の論者が主張するような「心変わり」でも、「外国との交渉中に突然方針を変更する(北朝鮮の)お決まりの戦略」によるものでもない。

確かに、北朝鮮はこれまでにも多くの外交交渉で、突然の方針転換や前言撤回といった揺さぶりや謀略を駆使してきた。だが、今回は違う。16日に発表された北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話は、ここ数週間、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と側近が語ってきたことと完全に一致するし、「普通の国」の基準で見てもかなり合理的な内容だ。

北朝鮮は当初から、いかなる合意も「(北朝鮮だけでなく)朝鮮半島の非核化」を目的とし、「段階的で同期的措置」により実現されるべきだという姿勢を明確にしてきた。

だが、アメリカのドナルド・トランプ大統領も、マイク・ポンペオ国務長官も、この見解を受け入れていない。それどころかジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、北朝鮮だけが核を放棄し、それが実現したらアメリカは北朝鮮に莫大な経済援助を行うという「リビア方式」のプロセスを主張した。

北朝鮮は長年、「非核化」は朝鮮半島全体の核能力に適用されるとの見方を維持してきた。北朝鮮だけでなく在韓米軍をはじめとする周辺の米軍も非核化の対象に含まれるということだ。だからだろう。長年、北朝鮮の核交渉を担当してきた金桂冠はボルトンの「リビア方式」を「全くばかげている」と切り捨てた。

筆者は普段、めったにこんなことを言わないが、それでも金桂冠の言うことは正しい。第1に、リビアは核開発計画を放棄したとき、ただの1発の核爆弾も手に入れていなかった。これに対して北朝鮮は、既に相当数の核弾頭と運搬手段(ミサイル)を手に入れ、発射実験も行っている。第2に、金桂冠が指摘したとおり、リビアはその後「惨めな末路」をたどった。独裁者ムアマル・カダフィは、核を手放した後、欧米が支援する反政府勢力により殺された。

カダフィと、イラクの独裁者サダム・フセインの身の上に起きたことを知っている者なら、経済援助と引き換えに武力を放棄すること(金の表現を借りれば「先核放棄、後補償」)など、愚かだと分かる。金正恩と金桂冠は策士であり、ばかではない。

【参考記事】韓国にもイスラエルにも──トランプは交渉の達人ではなく「操られる達人」

ニュース速報

ワールド

英の移民法変更もとジョンソン首相、香港市民の長期滞

ワールド

抗議デモに共感64%、大統領の対応は55%が不支持

ワールド

米上院共和、デモ巡る民主の大統領非難決議案を阻止

ワールド

暗号通貨の盗難被害額、1-5月に急増 コロナ関連詐

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 7

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月